2011年03月05日

Tax return その3

ちなみに(今更ですが)、タックスリターンとは、日本の確定申告みたいなもんです。

日本でもそうですが、アメリカでも今はまさに、2月から4月上旬あたりにかけて、Tax Returnの季節です。

こちらには日本企業にあるような「年末調整」はなく、企業勤めでも必ず個人で確定申告をしないといけません。私はこれはとても良いことだと思います。個人の納税・節税・経済・政策参加意識が育まれると思います。すべて会社まかせで源泉徴収書の見方もよくわからん、いくら税金を払っているのかもよくわからん、でも選挙になるととにかく増税反対、ではイカンと思うわけです。


話をJ-1ビザホルダーのTax returnに戻しますと、

前にも書いたように、J-1ビザホルダーは2年間所得税免除です。

この2年間とは、2カレンダーイヤーということになっています(カレンダーイヤーとは、例えば2007年11月に渡米してきたとすると、最初の年は11月と12月だけでも「2007年の1年分」と見なすということです)。

ですが、Tax returnのときにちゃんと主張すれば、2コンプリートイヤー分が免税になりますので申請をお忘れなきよう(上記の例でいうと、2009年の1月〜10月分に払った税金は返ってきます。条文では返ってこないように書いてあるんですが、返ってきます・・)。


posted by つか at 12:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

Tax return 続き


先日のTax returnの記事のつづきです。

J-1ビザで米国にやって来て働いている人は、渡米後2年間は税金免除です。毎年のTax returnで、その旨を述べて、税金払っていないことの確認をするか、もしくは既に税金が天引きされた場合は納めた分を返してもらうように主張します。

この非課税措置は、一応、ビザプログラムが始まってから(つまり渡米後から)2年間ということになってますが、主張すれば「米国で働き始めてから2年間」になり得ます。

なので、アメリカから給料をもらっていないのに、Tax returnをファイルしてしまうと、後々にもしアメリカから給料をもらうようになったときに非課税の恩恵を受ける期間が減るか、最悪はまったく受けられなくなります。

なので、ゼロの物のために、書類を提出するのはやめておきましょう、というわけです。


ちなみに私は最初の1年半は学術振興会から給料がでていたのですが、その後ペンステート大に雇われました。ちゃんと、ペンステートに雇われた最初の年に払ったFederal income tax は、Tax return後に全額返ってきました。もちろん最初の2カレンダーイヤー分の申告はしてません。無視してました。というかただの怠惰です。。。


(一部の方に続きを期待されてしまいましたが、こんなんでお気に召しましたでしょうか。。。「召さないねぇー」という方はコメントを。お応えできるかは保証しませんが。。。)



posted by つか at 06:05| Comment(17) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

THON

先週末は、ペンシルバニア州立大ではTHONという全米最大規模のチャリティー・イベントがありました。

集まった寄付金は、なんと950万ドル以上。毎年のように額は記録更新しているのだけど、去年は780万ドルだから今年のはさらにすごい。いや去年も充分にすごい。

それで何をするイベントかというと、金曜から日曜まで丸二日間(正確には46時間)踊りつづける、という壮絶なもの。座ったりしてもアウト。食事も立ったまま。

カンバセーション・パートナーがイベントスタッフをしていて、聞くところによると、このイベントに参加するために、約40万円(!)ほどの寄付金を納めなければならず、さらにそこから抽選で選ばれる、とのこと。。。それだけ人気のイベントなのでしょう。私だったら40万もらっても踊り続けたくはないなあ。

去年は700人で踊り始めて、最終的に500人くらいが完遂したそうです。みなさんタフですね。最後のほうは気がおかしくなって狂ったように踊り始めるひとが現れるらしい。。参加者はもちろん2日間スタジアムから出ることができませんが、観客は出入り自由なので一度見に行ってみたかったんですが、なんとなく週末を過ごしているうちに日曜の夕方になってしまった!(いつもそうなんだけど)

ちなみに、トイレの中までスタッフがついてくるので、トイレで寝ようと企んでも無理だそうですよ。。。


posted by つか at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

コメント

コメント欄へのスパム(エロサイトへの誘導)対策として、少し前からコメントを承認制にしました。

そうすると当然のごとくスパムも無くなりましたが、皆さんからのコメントも減りました。

寂しいのでコメント欄をまた以前のように普通に戻しました。

じゃんじゃんコメントしてくださーい!



posted by つか at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

Tax return

日本の政府の色々なプログラム(学術振興会特別研究員など)を利用して研究留学している研究者や企業からの派遣できているひと、つまりアメリカの政府・企業からは収入を得ていないひとでもTax returnの書類は(収入の欄にゼロと書いて)提出しなければならない、という風に教わる場合が多いかと思います。

しかし、結論だけ言うと、この場合はTax returnの書類は提出しないほうが賢明です。かつ、出さなくても何らおとがめをくらうことはないので、出さないほうが楽です。。

私も初年度は各方面から脅し(?)をうけて、アメリカからの収入がゼロにもかかわらず面倒くさい書類を作成して出すかどうか迷っていたところ、大学のInternational Student Visa Service Officeのホームページで、「出さんでよい」と書かれていたので、おぉこれは渡りに舟だとおもって書くのをやめました。しかも何か問題があったら彼らに文句を言ってやろうと思っていた、いやぁせこい人間である。結果として、この決断が後々に功を奏しました。

つづきはまた後日。。

とにかく出さなくてよいものは出さない。面倒くさいし。。

posted by つか at 10:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

アジアカップ

Youtubeのスポーツ・ジャンルでも上の方に来ていたのでもう見たひともいると思いますが、

アジア・カップの日本代表の総集編動画

しぶい。アーティスティック。私はもう8回くらい見たかも。

この動画は、いつものようにこちらのサッカー動画紹介ブログで見つけました。


決勝戦は、KeyholeTVもいっぱいでリアルタイムで見れず、テキスト速報で追った後に、Youtubeでハイライトだけ見ました。ハイライトにもかかわらず、李選手のゴールのときはほぼ泣きそうだった。。きっとあれは日本代表のオールタイムベスト3ゴールに入るでしょう。

その他に好きなのは、韓国戦での長友選手からの横パスからの前田選手のゴールですね。まるで練習みたいに綺麗、でもあのくらい気持ちが入ってないと最後まで決めきれないんだと(勝手に)思うと、これまた泣きそうになりました。。


はっ、いかん、現実逃避をしている場合ではなかった。仕事に戻らないと。


posted by つか at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

Amazon Momについて

アメリカに住む、小さなお子さんがいる(もしくはこれから産む)親御さんは、アマゾンのAmazon Momを利用することをおすすめします。

これに登録すると、Amazon Primeと同じ扱いになり、ほとんどの商品で、Two-day shippingが無料で選べます。(日本に住んでいるひとは、2日も?と思うかもしれませんが、これは国土の広いアメリカでは超速です。)

ほとんどの、というのはどういう事かと言うと、一応子育てに関するものを購入するときだけ、という縛りになっていいます。が、実際はほとんどの商品が対象となる感じがしています。例えば、テレビを買ってもDVDを買ってもTwo-day shippingが選択可能です。これは、授乳中のお母さんはテレビを観るからテレビは育児関連品、という事だと思います。究極には、“子育てで疲れたお母さんは映画などを観て癒されて”、という事だと思われます。多分。。。

さらにすごいのは、Amazon Momに、Amazon Subscribe&Saveというのを組み合わせると、オムツや粉ミルクやらおしりふきが30%引きになります。これはすごいです。オムツを箱買いするとウォルマートやターゲットでは$19.99するのですがこれがアマゾンだと$12ドル台です。しかも自宅まで届きます。2日で届きます。(訂正。この場合はTwo-day shippingではありませんでした。ただ、定期的に届くようになるので日数はあまり気になりません)

30%引きになるのは、全ての商品というわけにはいきませんが、育児に関わる消耗品はかなりこれでイケます。

今のところアマゾンで買うのがどこよりも安いと思っています。ほぼ2日に1回はアマゾンで何かしらポチッとしている気がする。。

子供が生まれて1週間くらいの頃、「オムツ代がバカにならない」というのは誰がいったか名言だなぁー、と思いつつも色々探してAmazonの各種サービスに行き当たりました。

しかし、日本のAmazon.co.jpには類似のサービスは無いようです。。アメリカのAmazon.comがこのサービスを実現できている裏側はどうなっているのかとても気になるこの頃です。

*Amazon Momの特典が有効なのは、最長で1年間です。最短は3ヶ月。25ドル以上の赤ちゃん関連用品を買う度に1ヶ月延長されます。私のはすでに6ヶ月間有効まで延びました。


posted by つか at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

Vision planを使いたくて

眼鏡屋さんに行って、眼鏡を作ってきました。

保険会社から提供されている安いフレーム(お店の端っこに置いてあり選びづらい)は、無料・$20・$40と3段構成でお値段均一。しかし、その他のメーカーのものは、だいたい$100〜300くらいする。「眼鏡は毎日使うものだから」という、よくあるパターンで、高いフレームを選んでしまい、さらにいろんなオプションを付けていき、みるみると合計金額は上がっていく。。

高いほうのフレームでも、(保険が効くからかどうか分かりませんが)値札から60ドル引きで、さらに10%OFFになります。

ということで、私のお会計はこうなりました。

検査代のCo-Pay  $20
フレーム $94.50 (元値は$165 )

レンズは基本タダ、なのだが、、、
薄型軽量型レンズ $55
キズ防止加工 $20
ギラつき防止加工 $60

合計          $249.50

日本で買うのとあまり変わらん。。。

いや、日本のほうが、大手メガネショップなどの場合、言えば値引きしてくれるので、結局同じか安いくらいかも。。

2台目or予備としてデザインなどにこだわらなければ、無料で(正しくは検査代の20ドルだけで)眼鏡が1つ作れますね。その点は大事です!



posted by つか at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

「自炊」の代行は、もはや自炊ではないが便利なのでよし


もはや海外発送の代金なんて気にする必要はないのかもしれない。

本を裁断・スキャンしてPDF化してくれる業者が乱立中の模様。

1冊100円が相場のようです。たぶんこれが一番やすいですね。

amazonで注文して直接送りつけることができます。

こんなんこんな感じの業者。

業者一覧をまとめてくれているサイト発見。

便利な世になったもんです。

これから海外に行く予定のひとはiPadを買っていきましょう。(もしくは現地ですぐ買いましょう)


*タイトルの「自炊」ですが、自分の本棚にある本を(自分で裁断・スキャンして)電子化していくことを「自炊する」というそうです。自炊の代行って何炊?


posted by つか at 14:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

待合室にて

ディーラーの待合室で待っている間に、「フリー 〜〈無料〉からお金を生みだす新戦略〜」という本をiPadで読んでいました。

この本は少し前まで期間限定でApp Storeで無料になっていたものです。1500円以上もする話題の新書が、まさにフリーでした。

まだ途中までしか読んでいませんが、面白かったです。

その中で、先日私がこのブログで書いた雑誌の定期購読の事が書いてありました。私が言ったように、広告収入でまかなうというビジネスモデルであっているようで、安心しました。誰でも分かるようなことではありますが・・。

それとラジオのことも書いてありました。私も前にラジオの事を書きましたが、読んでますます分からない。本によると、ラジオ局は音楽を流すために高い著作権料なんて払いたくないから、無料で流せるもの(かつ良質のもの)を流したい。ミュージシャンの側も、売り出し中であろうとなかろうと、タダでいいから自分らの曲を流して欲しいというひとはいくらでもいるはず。私もそう思います。なのに、実際にラジオでかかっているのはヒット曲の繰り返し。なんでなのか、やはりよく分からない。(もしかしたら”そういうラジオ番組”ばかりを私が知らずにかけているだけなのかもしれません。。もしくは新しいスターがなかなか出てこない。ま、だれが新参者でだれが古参かもよく分かりませんが。)

App Storeでは、いろんなアプリが期間限定でセールをおこなっているので、定期的にチェックするのがよいと思います。普段は1500円くらいするゲームがセール中は100円だったりするので、深く考えずに買ってしまいます。それが売れてるシリーズ物のゲームだったりすると、すぐ買ってしまいます。やる時間なんて無いのに。。



フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略 [ハードカバー] / クリス・アンダーソン (著); 小林弘人, 小林弘人 (監修); 高橋則明 (翻訳); 日本放送出版協会 (刊)



posted by つか at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。