2012年05月30日

生活保護“不正”受給問題に思う、日本の仕組みは個人任せ



3年ほど前にこのブログで、「日本の変なところを色々とかんじる」、というようなことを書いたら、それは例えばどんな事じゃい?とコメントをもらった。
http://roseiflexus.seesaa.net/article/123001069.html#comment

それに対して私は、「そうですねぇ、日本の変なところは、、ほとんどのひとが真面目なところですかねぇ。不真面目なひとがほとんどいないのがすごい。たいしたルールづくりもしていないのに人々の真面目さに委ねている部分が多いなかで国が回っているのがすごいと思います。」と返している。

今回の生活保護の話題も、まさに同じことを思いました。

ーーーーーーー
次長課長河本準一の母親が生活保護費をもらい続けていた話題は、色々とおかしなところが多い。

まず第一に、毎月決まった額のお金(詳しい金額は知りません)が口座に振り込まれていたものを、わざわざ平日に時間を作って役所まで出向いて、もう今月から振り込まなくていいですよとわざわざ言いにいくお人好しがいったいどこにいるのだろうか、という事である。私は平日に市役所に住民票を取りにいくだけでも億劫だ。(振込じゃなくて窓口で手渡しの場合/人もいるそうです)

そんなものは振り込む側が支給をストップすればいいだけの話である。生き物をなんだと思っているのだろうか。

例えば、生活に困窮していて生活保護費を10万円もらい始め、ある時から急に仕事が当たりはじめて月に100万円稼ぐようになったとしても、自動的に振り込まれる10万円はやっぱりデカイ! 

「貰い続けていた」ことを非難してもしょうがないので、「払い続けている」仕組みを直したほうがいいんじゃないかなあ。毎月調査するのは難しいとしても、年に一回、親族も含めて所得を調査すればよいのではないか。


例えばあるとき(5月上旬くらいに)こんなハガキが届くのはどうだろう。

「毎年4月の所得調査の結果、あなたの長男(○○xxさん)の昨年9月からの所得が一定基準を大幅に上回っていることが明らかとなりました。9月〜11月までは猶予期間とみなされますので、つきましては昨年12月から本年3月までに支給した生活保護費を速やかに返還してください。なお所得額が事実と異なる場合や当該の親族とは絶縁関係にある場合等は、6月末日までに最寄りの裁判所において異議申立てを行なってください。」


日本には社会保障番号制度(別名、納税者番号制度)がないので、誰にどのくらい所得があって、いくら税金を納めないといけないかを国が把握できていません。国民の所得も把握できないで、制度もへったくれもないんですよね。そもそも。


ちなみに、チラッと調べたところ、いったん払ってしまった生活保護費を取り返す権限はないようですね。そういうことも含めて制度をかえたほうがいい。

「ごめんなさい、払い過ぎちゃった。返還してね。返還しないと余分に追徴しちゃうわよ」っていう通知葉書が一枚だけペロッと来るほうが、ワイドショーで国会議員に鼻息荒く「返還しろ」って言われるよりも、はるかに怖いと思います。そういう制度になっていれば。


(こういう時事ネタに反応して書いちゃう記事はブログでは書かないことにして、もっぱらTwitterで好き勝手に書いてたんですが、まぁたまにはいいかなと。そんなんでTwitterばかりやっとるから、ブログの更新頻度が下がっているという意見もございます。。)

posted by つか at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

春、の交通安全運動



日本に帰国して初めての春です。5年ぶりの花見をしました。いや、花見はワシントンDCで毎年やっていたんですが。。桜の木のしたに座り込んで弁当を広げているのは私ら日本人ぐらいのものでした。日本では逆に座る場所を探すのもやっとですね。

春、といえば「春の交通安全運動」も5年ぶりに目の当たりにしました。一旦停止の交差点付近にある生け垣にひっそりと寄り掛かっている白バイ、を思いっきり真正面から見てしまいました。私がきた道とは直交する道から来る車を取り締まっていたのでしょうけど、ちょっと笑えました。

取り締まり、といえば、アメリカにいたころは、例えばニューヨークまで4時間ドライブで出かけると、行きと帰りに少なくとも1台ずつは警察にスピード違反で捕まっている光景を目にしました。それがかなりの抑止力になっていて、高速でやたらめったら飛ばす車はいなかったし(いたら必ず捕まると思ってよし)、工事区間で最大制限速度が下がるところでは皆ちゃんとスピードを緩めていました。

日本に帰ってきてから、何やかんやですでに東京−大阪間を車で3往復くらいしていますが、誰かが警察に捕まっている様子をまだ見たことがありません。「ちゃんと覆面パトカーが取り締まれよ!」と初めは意味もなく憤慨していたのですが、よくよく観察してみると、そんなにスピードを出している車がそもそも少ないような。昔は右車線を猛スピードで走り抜けていく車がもっとたくさん居たような気がしたんですけどねぇ。何にせよ、みんながそこそこのスピードで走るのは良いことです。

(もう5月になってしまいました。しかし、5月だというのにまだ白バイをちょくちょく見ます。。私が今いる大学の近辺は要注意ゾーンなのでしょうか。たしかに朝、めっちゃ原チャリは多いですが。)


posted by つか at 00:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

航海の前に準備する(生活編)



前回の記事では、研究に関する渡米前の失敗体験についてつらつらと書きました。今度はその生活編です。

------------
まず、(というかこれに尽きるのだが)国際運転免許を忘れずに取得して行きましょう。我々夫婦は取っていくのを忘れました。

忘れたというか、出発の日が近づくにつれてもうこれは忙しくて無理だなと、意図的に忘れました。どうせ国際免許の期限だってあるし、向こうにいったら現地の免許を取るわけだから、などと理由をつけて。

でも渡米直後は国際免許が有るとかなり便利だと思います。いざとなったらレンタカーも借りられるし。


------------
できれば、歯医者さんには忘れずに行っておきましょう。虫歯は全部治してから渡米したほうがいいです。アメリカの歯医者はド素人以下ですから。

歯ブラシは日本で買ってもっていきましょう。アメリカの歯ブラシはレゴみたいに巨大です。


------------
引越しの準備は早めに始めておきましょう。

日本に持ち家がある場合はいいですが、賃貸の場合は、家具などを実家に置いていくことになると思います。我々も、私と嫁の実家に分けて荷物を送りました。何をどちらに送ったかをメモしておきましょう(これ超大事)。自分に関係するものは自分の実家に送るから大丈夫、と思ってはいけません。探していた私の年金手帳が嫁の実家に送ったダンボールから見つかったときは焦りました。。


------------
持って行くとよいもの(嫁推奨の品)

洗濯ネット。
おたま、味噌汁用の椀、うどん・ラーメン用の丼、カレー皿。
可能なら、日本製のホームベーカリー、だそうです。確かに小麦粉などの粉系やバターは死ぬほど安いです。


-------------
持っていかなくていいもの。

セーター、ジャケット、コート等の綺麗めの服
ペンシルベニアは真冬はマイナス20℃くらいまで下がりますが、私はセーターとコートを1回も着なかったです。パーカーとダウンジャケットがあれば死にません。室内がどこでも超暖かいので、その余熱を体に残しつつ屋外にでて、車にサッと乗ってサッと移動すれば、セーターの登場する暇がありません。


-------------
(超ピンポイント情報)アシックス製のサッカーシューズが売ってなくて、困りました。


またなにか気付いたらコメント欄に書き込みます。皆さんも何か気付いたらどんどんコメント欄へー。


posted by つか at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

航海の前に準備する



博士号取得後の、最初のポスドク先は「微生物生態学」の研究室だったので、生化学・分子生物学を専攻してきた自分は、ラボ内ではどちらかというとアウトサイダーな存在でした。

そんな環境でどういう研究テーマをやろうかと悩んでいたときに、直属のボスが囁いた「何をやってもいいよ」という甘い言葉に乗っかり、それまでの生化学的研究の延長のようなことをやることにしました。

これについては、もうちょっと上手くやれたかなと思っていて、微生物生態学の研究室に生化学者を専攻してきた自分が居たから出来たような学際的なテーマをやればよかったと思っています。言って見れば、生態学と生化学の融合、というか何というか。。。

実際にはアウトサイダーとしてチマチマと生化学をやっていたわけで、肩身も狭いし、設備もないから研究も進まない。


そんなわけでアメリカに行くことが決まったころには、「次は研究室の研究概要の本流に近いことをやりたい」という欲求が溜まっていました。やりたい、やってみたい研究はありました。が、それを「やりたい!」と次ボスに言ってしまうと「おぉやってみなよ」ときっと言ってくれるだろうけど、上手くいかなかったらきっと放置プレイだし、またアウトサイダー的立ち位置になっても嫌だし、ブツブツ。

で、私がとった方法は、「超受け身」。ラボの本流を感じるために、その流れに身を任せようと。渡米直後の研究テーマは、ボスに言われた通りのもの。だってポスドクって、ボスの研究グラントで雇われてるんじゃん。ボスがやって欲しい研究テーマを遂行するのがポスドクの仕事じゃん・・・

有名な大ボス先生が、どのようにラボを切り盛りしているのかは、やはり興味があるところです。その本流には乗っていたいわけで。。。

・・・
結局は、ボスに与えられた研究テーマが全然面白くなく、1年後に、「こんな感じの研究がしたいんだけど!」と直談判。

そこから研究が軌道に乗り始めました。


まぁ難しいところですねー。最初の1年間で流れを感じられたから直談判できたような部分もあるし。ボスも、グラント(学振)を自分で持ってきたポスドクをどう処理してよいか分からなくて、試している部分もあったでしょうし。1年で何となくコイツは使えると思ってくれたのか、実際、学振期間が切れてボスに直接雇われるようになってから急に色々な仕事が降ってくるようになり、大変でしたが共同研究も増えるし楽しかったです。難しいっすね。

で(x2)、私が言いたいことは、どんな理由があれ、研究テーマは自分で前もって決めとけってことです。より具体的な。

行く前から流れを感じてしまえ、ってことです。大先生なら過去の仕事がどういうものか分かっているし、出来ます。

相手の興味と自分の興味の合わさるところ(mutual interest)を見つけておきたいっすね。出来れば、かなり具体的に。

「新しいラボで新しい研究手法を修得したい」からテーマが前もって決めづらい、ということもあると思います。今自分ができない手法を用いたテーマを提案するのは難しい。

でも、でもでも、前もって決めておきましょう。より具体的に。あとで変更は可能です。


(猛烈な眠気により後半かなり強引な展開ですが、そこはやはりご愛嬌。こんな内容の話を眠気と共に書くなっていうご批判は寝ている間に受け付けます。)


posted by つか at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 米国留学(研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

アメリカから帰国する前に買っておくべきオススメの品10選


超が付くほどの円高だし、せっかくポスドクの安月給からせっせと貯金した米ドルを日本円に換金したくない。かといって、アメリカの銀行にそんなにたくさん貯金したままにして帰ってきてもしょうがないし。

なので、日本に帰国する前に、なるだけ米ドルを消費してから帰ろう、と。そう心に決めたらなんか吹っ切れたし、色々と生活が便利になりました。

というわけで、私がオススメするアメリカで買って日本に持って帰ったらよいと思うもの。

1.Roombaの掃除機

いわずと知れた楽チン自動掃除機です。めっちゃ賢いです。万人にお薦めします。
セールで150ドルくらいで買いました。日本だと4万〜6万円します。
帰国後は電圧があわないので、変圧器(電圧を上げるほう、2500円くらい)がいります。

2.iPad 3G+WiFiモデル

WiFiモデルではなく3G+WiFiモデルを買いましょう。
アメリカのiPadはSIMロックフリーです。日本のiPadのようにソフトバンク回線に限定されることはありません。
日本に帰ったらb-mobileのプリペイドSIMを買って、ドコモ回線で、好きなときにモバイル満喫しましょう。2年縛りに悩む必要もありません。プランにもよりもますが、月額2980円から。

3.海外ドラマのDVD とX-BOX

例えば「24-twenty four-」の第1話から24話まで入ったDVDボックスが35ドルくらいで買えます。その他のドラマも全部同じくらいの値段です。ボックスと言っても、普通のDVDケースがちょっと厚くなったくらいなので場所もとりません。安いので買って帰りましょう。いちいちツタヤに通う手間が省けます。
日本とはDVDのリージョン・コードが違うので、再生用のプレーヤーとして、PlayStationあるいはX-BOXを買って帰りましょう。アメリカではプレステよりもX-Boxが断然浸透しているので、わたし的には早めにX-Boxを買ってエンジョイされることをお薦めします。

4.Rockband

せっかくX-Box買ったのだから、Rockbandのギター&ドラムセットも買いましょう… こんなもの日本では売っていません。
日通のMサイズ箱よりも少し大きいですが、私は日通のひとにお願いしてM箱換算にしてもらいました。。

5.モバイル・バッテリー

スマホやiPhone用のモバイル・バッテリー。日本にはないような見た目がカッコイイのが色々あります。Hyperjuiceなんかはかっこいいですね(最近は日本でも買えるみたいですが)。スマホ用にはRichard Soloなんかもあります。

6.デジカメ

値段的には日本で買うのと変わらないか、日本で買ったほうが安いものもあります。しかし、言語設定メニューから「日本語」を選んでしまえば、日本で買うものとなんら変わりなく、操作性が落ちることはありません。ドル消費にはもってこい。日本で売られているものと全く同じ機種でも、アメリカでは違う名前(型番)で売られているので注意が必要です。

7.ギフトカード系

ドル消費のための、わりと最後の手段。おすすめはAppleギフトカード。アメリカで作ったクレジットカードを解約した後でも、AppleギフトカードをRedeemしておけばドル建てのiPhoneアプリを買い続けられます。

8.MacBook Air

特にPC派のひと。Macを買って帰りましょう。特に説明は無しです。
PCはアメリカで買うとキーボードの配列が日本のと違います。ですので私は日本に帰ってから新しいPCを買おうと思っていました。でもドルは使いたい。じゃあどうせキーボード配列が違うなら、という軽い気持ちで買ったのがMacBook Air... これが結果として私の人生を変えそうな予感。もうすぐMac派になりそうな気がしています。。。

9.赤ちゃん用の服

とにかく安い。おしゃれ。
日本で売っている「いわゆる赤ちゃん向けの服」はダサい。逆にブランドものは日本のほうがすごくお洒落だけどすごく高い。アメリカで普通に売っているやつは、高級感が溢れてなくて、なんとなく格好よくて、安い。古着でよければ、Kids-to-Kidsという中古ショップで買えばめちゃくちゃ安いです。我々は帰国前にKids-to-KidsとGymboreeで鬼買いしました。

10.とにかく外食しまくる

前から気になっているレストランや気になるメニューなどは帰国前にできるだけ行っておきましょう。
思い出はPriceless


以上
オチがダサいのはご愛嬌。


posted by つか at 23:43| Comment(7) | TrackBack(0) | 日本帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

「アメリカに行って変われました」by TSUKAMIYA



タイトルは出オチなので以下は特にリズムにのったりしていません。

久しぶりの友達に会うと「いやー変わってないなー」とよく言われる私ですが、決して全く変わっていないわけではありません。



ーアメリカに行ったことで気づけたこと、変われたことー


・完璧な人間なんて存在しないのだから多少のことで怒らない

・自分が当たり前に思っていることは相手にとっては全く当たり前ではない

・他人に多くを求めない

・目があったら笑顔を返す

・いつも数パターンの(心の)準備をしておけば多少のことでも焦らない

・形あるものいつかは壊れる

・システムは、エラーや例外が起きることを前提にしておくべき

・失敗に寛容になる

・日本でもこうだったらいいのに、と思うことは大概は地理的な問題で日本では無理っす(でももう少し何とかなるだろ?)

・アメリカは警察官に威厳があり頼り甲斐がある(大都会は別です)

・純粋であることは罪ではない

・社会保障番号制度が無いほうがおかしい

・イリノイ真っ平ら

・自分のやってきた研究成果に自信を持ってよし


アメリカナイズされてしまったからかどうか分かりませんが、新しいアパートに入居してもう4ヶ月も経つのに、いまだに窓にカーテンを1つも付けていません(ちなみに窓は3ヶ所)。

いくら田舎で2階だからって、開放感溢れすぎでしょうかね。。。


posted by つか at 00:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

秋入学



University of Tokyo Considers Shifting Academic Year

東大は秋入学の実施に本気のようだす。それは、いいことです。

前にも書きましたが、これによって「4月から一斉に新卒入社」、「12月から一斉に就活開始」、といった気持ちの悪い慣習がなくなってほしいです。

秋入学実施の背景にはやはり、海外からの入学生を増やさないとヤバい、というのがあるようです。欧米などでは秋が入学シーズンです。

外国人の若者にとって、TOKYOというの街は多感な時期を過ごすには素晴らしく魅力的に映る、人口過密都市の象徴、のような存在なはずなのでそれなりの留学生が入学するのではないでしょうか。(私もそんな理由で東京の大学に入ったりしたくちです。)

国内の学生の場合は、3月に卒業したあと、秋までバイトしたり山にこもったり、好きなことできていいですねー。

どうせ秋まで待つんだったら、ハーバードとかスタンフォードに願書だしてみようかな、っていう高校生がどんどん出てきてもいいと思います。「時期」の壁はなくなったので、あとは「英語」と「距離」の壁ですか。どっちもあって無いようなもんです。


posted by つか at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

ポストポスドク

芥川賞は、ぶっきらぼう会見の田中さんが話題をさらってしまったようですが、もう一人の受賞者の円城さんという方は元ポスドクだったそうです。


その彼が数年前に書いたポスドク論の記事が、以下のリンクからPDFで見られます
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006825822

34歳のときに研究者(ポスドク)をやめて企業に就職したそうで、読んでてけっこう胸にささります。


posted by つか at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

論文



先月アクセプトされた論文のゲラが届いたのでそれをチェックしています。

そこそこの権威ある雑誌に掲載されることになったので、まぁ良かったかなと。Nature, Science級とはいきませんでしたが。

私がアメリカで頑張った仕事の集大成のような論文なので(といってもほとんどのデータは最後の1年で出たんですが)、アクセプトされて良かったです。

アメリカに4年いて、投稿中のも含めて論文が7報なので、まぁ悪くはないかなと思います。第一著者は2報だけですが、まぁ色々頑張った結果なのでよしとします。あと2,3報だせる余地があるので、引き継いでくれた人が頑張ってくれることを期待します。

研究者になりたてのころは1年に1報論文がでていれば良い方ですが、最近はようやく1年あたりにでる論文数が多くなってきたのでこの調子で頑張りたいところです。(が、帰国してまた新たな研究テーマを始めたばかりなので、どうなることやら。運も必要です。)


posted by つか at 23:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

謹賀新年




皆様あけましておめでとうございます。

年末年始の1週間のお休みがおわり、明日からまた研究生活が再開します。

思えば昨年は、個人的にも色々なことがありました。

特に春先、大地震の少し後くらいに、ショックなことがあってかなり落ち込んだ(正確には落ち込みそうになった)ことがあったのですが、そこから見事に復活し(そうまるでフェニックス一輝のように)、自分的には1まわりも2まわりも成長できたと思っています。

そこから色々なものを得たおかげで、あと10年くらいは頑張れそうな気がしています。

そしてなんといっても去年は、およそ4年ぶりに日本に復帰しました。

いや〜やっぱり日本はイイ!

そして道路が狭い!

新天地での新しい研究プロジェクトは、とても気力が充実していたとき(夏ごろ)に提案できたものだったので、自分でも先行きが楽しみですし、やっていて楽しいです。

アメリカで生活していたころと比べて、やはり多少不便に感じることなどもありますが、毎日が楽しいのであまり気になりません。

引き続き2012年も楽しくやっていきたいと思います。そして論文をいっぱい書く!


今年もよろしくお願い致します。

2012年1月4日


今年のおみくじ:吉

posted by つか at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。