2008年05月13日

IM Soccer

たいぶ前の話になってしまいましたが、忘れないうちにIM soccer(学内レクのサッカー大会)での日本人チームの戦績をメモ。


3月27日 ○ 3-0
4月3日  ○ 1-0
4月8日  ○ 2-1
4月10日 ● 0-3
4月17日 △ 0-0

3勝1敗1分けで、プレーオフ進出ならず

(20分ハーフ、6対6、キックイン)

4試合目がねえ〜。
勝ちたかった。
中1日で、一番強いトコと当たった。

IMというのはおそらくIntramuralの略で、“学校内”のお楽しみ球技大会にはすべてIMとつきます。IM basketballとかIM golfといった具合に。

学校新聞によれば、今春のIM大会ではサッカーへの参加者が一番多かったそうです。確かに予選リーグは6チームずつの総当たりで、グループAからグループPまであった…。
ついにサッカー不毛の地アメリカにもサッカー人気の波が押し寄せています。本当に、そこらじゅうの空き地でサッカーやっている人をめちゃくちゃ見かけます。しかもミニゲームやっていると知らない人がどんどん参加してきます。知り合いも増えるので、サッカー好きの大学院生は博士号取得後みんな海外でポスドクをやったらいいと思います(言い過ぎか・・)。

ところで、今年参加したメンバーのうち、来年も残っていそうなのが3人くらいしかいないんですけど…。大丈夫か日本チーム! と言っている私が居るかどうかまだ未定…
posted by つか at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

インドアサッカー終了

先週でインドアサッカーも終わりました。

このインドアサッカーは、一応"冬サッカー"という位置づけで、協会では常に"春サッカー"、"秋サッカー"などを催しているそうな。春と秋は11対11のゲームをお外でやるそうな。さすがにまったく見知らぬ人間同士でチームを作って11人サッカーをやる気にはなれなかったので、春は申し込みませんでした。

チームメイトと、せっかく同じチームになったのだから最終戦の後に飲みにでも行こう、という話にはなりません。じゃあまた春に、じゃあまた来年、じゃあまたどこかで、そんなノリで皆の衆はあっさりと解散。さすが分業制かつ人材流動が盛んなアメリカ−出会ってまた分かれて、というのを多く経験しているのだろう、と勝手な想像をしていました。

肝心のプレイ内容は、3試合前くらいからやっと体が動くようになってきました。
だからといって、“走れる”ようになったわけではありませんが。


春からは、大学のレクリエーション大会のようなサッカー大会に、日本人チームを作って参加することになりましたので、今からとても楽しみです。そちらも6対6のミニサッカーだそうです。
posted by つか at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

サッカーのときの英語

インドア・サッカーも順調に数試合をこなして、楽しくなってきました。

リーグ戦のかたちをとっているとはいえ、あくまでも「お楽しみのためのレクリエーション」のサッカーなので、勝敗の記録など誰もとっていません。何点入ったかもよくわかりません。誰も数えていないので。
ミニサッカーだから点数がいっぱい入るので、多分、数えるのが面倒くさいからではないかという気が…。チームメイトのP氏は「今日は多分勝った」「今日は間違いなく勝った」などといつも勝敗を気にしていますが。

はじめのうちは「ヘイヘイ」とか「ハイハイコッチパス」とか、英語なのか日本語なのか分からない言語を使ってプレイしていましたが、今は“サッカー時によく話される英語”がなんとなく分かってきたのでそれに準拠するようにしています。

よく聞くのが「You have time」もしくはただ単に「Time」。
これは、ゆっくり行け、とか、フリーだぞ、みたいな時によく聞きますな。
フリーだぞ、の時は、“Turn”と言うときもあります。これはそのままの意味。
逆に、敵が来てるゾ、の時は“On your back”と言っています。

ボールを持った選手へサポートに行くときは、サポート、ではなく、“back up”という単語を使っていました。バックアップというと、控え選手のことを言っているような気もしますが、その場合はリザーブ、を使っていました。

パスミスをして、悪い!とか、俺のミスだ、みたいなときは“My bad”


とはいえ、必ず毎試合、思わず日本語がポロッと出ちゃうときがあります。

この前は、「もういっちょ!」と言ってしまいました。。。

なぜ、普段もあまり言わないような単語が、こんな時に限ってとっさに出てくるのか…分かりません
posted by つか at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

インドア・サッカー米国式(!?)

indoor soccer.jpg

今週末からインドア・サッカーのリーグが開始。

直前にやっと送られてきた日程表によると、
全14チームのリーグで
総当たりではないが、全部で9試合、
3月上旬までかけて毎週末に開催される。

-----
会場である高校に着いたときは、体育館らしきあたりから灯りは漏れているものの、物音ひとつせず、ほんとにここでいいのかという感じ。
あとで分かったのだが、どうやら防音がかなりいいらしい。
灯りの漏れる窓から中を覗くと、中年の外国人たちが真剣な顔でボールを追いかけている。下界との温度差に軽くウケた。


ちょうど覗いた窓からは観客や控え選手の待機ゾーンが見えないところにあったので、目に映るのは必死に走ってるオッサンと審判のオッサンだけだった。体育館の中以外は廊下にも誰もいないし、ある種異様な光景。一応、自分の試合の30分前には着いたつもりだったのだが、わたくしのチームメイトとおぼしき人影もない。

そうこうしているうちに、試合10分前くらいになってワラワラと人が集まってきた。

かなり集まってきたところで、ユニフォーム兼用のチームTシャツが配られたので、やっと誰が自分のチームメイトか把握できた。

こういう時にアメリカの、握手して名前言ってNice to meet youというシステムは便利だなあと思う。この作業を7人分繰り返す。もはや最初に聞いた人の名前を忘れる。外国人の名前をいっぺんに言われても覚えられないっす。

日程表と一緒に、チーム分け表も送られてきてたので、それを見てこっそり名前を再確認。とりあえずアジア人は自分だけなので、みんなにはすぐに覚えてもらえたようだ。どうやらチーム表を見る限り、全14チーム中でもアジア人は自分だけらしい。

試合形式は、1チームが5人(もしくは6人)+キーパー、交代自由、30分ハーフ。面白いのが、エンドラインが無く、壁に跳ね返ったボールもプレーし続けるということ。ようするにアイスホッケーのよう。

つまりエンドレスで60分。まぁ交代は自由ですけど。最初の3分で息がゼェゼェになって、「交代してぇ〜」という羽目になりましたけど。





posted by つか at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

インドア・サッカー

今週のあたまに雪がドサっと降ってから、道路以外のところではずーっと積もったままです。断続的に毎日降っていますしね。まぁ噂通りなら、このまま春まで積もったままなのでしょう。

いよいよゴルフも、サッカーも、テニスもできない季節がやってきました。

ということで、、ポスドクR氏に誘われるまま、インドアサッカーの申込をしました!

1月から3月の間、ほぼ毎週末に試合がおこなわれ、計9〜11試合のリーグ戦です。

参加費が60ドルかかりますが、ちゃんと審判も付くし、ユニフォーム代も込みなのでよいかな、と。申込書と一緒に60ドル分の小切手を郵送するという簡単さに、ちょっとだけ“アメリカ”を感じました。

ポスドクR氏とP氏と、3人で一緒に申し込みました。後になって気付いたのですが、この3人は、来月からT氏とF氏が居なくなるので、研究室のコア・ポスドクズです。揃いも揃ってインドアサッカーやる気満々。なんて健康的なラボ。(P氏は早速インドア・シューズをネットで物色していた。かくいう私は、実際にスポーツ用品店に行って物色したけど。。)

チーム数は10〜12チームで、年齢や経験を考慮して主催者側が勝手にチーム編成をするそうです。試合前や試合中にどういう英語が話されるのか、今から楽しみ。P氏は車を持っていないので、毎回送迎できるように、同じチームに組み込まれるようリクエストを出しましたが、R氏とはきっと違うチームに振り分けられるでしょう。対戦が楽しみ。


posted by つか at 07:39| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

結局言葉はカンケーない

日曜日に恒例となりつつある日本人サッカーへ行ってまいりました。

初めて南米の人たちと一緒にプレーしました。

先週のエントリでは、南米VS日本でミニゲームをするとみんな熱くなってしまうから混成チームでやるだろう、という事を書きました。実際に熱くなった人がいて、雰囲気が悪くなったことがあったそうな。しかしグランドに行ってみると、集まった日本人と南米人の人数が同じくらいで「じゃあ対抗戦で」という軽いノリでミニゲームが始まりました…。おぃおぃ。

そしてなんと南米チームに、私と同じ研究室所属のポルトガル人P氏がいました(というか、金曜日にラボで喋っててすでに判明していたのですが、実際にグランドで会うまで半信半疑でした。結構いろんな所でいろんな人が、サッカーをしているのを見かけるので)。

ポルトガル語が話せるなら、なるほどブラジル人などとはコミュニケーションできます。

しかし聞いてみると、南米チームは、アルゼンチン人・チリ人・エクアドル人・メキシコ人の集まりらしく、「全員スペイン語じゃーん!!」って一人ボケ一人ツッコミをしていました…。「まぁでもスペイン語とポルトガル語って似てるんじゃ…?」と聞きましたが、チームメイトが何言っているかまったく分からないらしい…。

まぁノリが似てるからね…

試合の結果は(別にただのミニゲームですが)、特に細かく点数を数えていたわけではありませんが、明らかなる日本チームの勝利でした。

posted by つか at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

ひそかにかなり嬉しい

本日はついに、日本人同士でサッカーすることができました!

参加者が8人しかいなかったので4対4のミニゲームでしたが、全員が日本人であることがとにかく感動!

過去2回は中国人の集まりに混ざってプレイしましたが、サッカーのプレイスタイル・本気度(遊びなのに)・普及度・「経験者」の割合や質は、中国と日本ではかなり違うなあと感じました。中国の人たちの中で、サッカー経験者はとても少ないのですが、「サッカーが好き」という人はめっちゃんこ多いです。彼らが週末にサッカーをやるときは、多いときで30人くらい集まります。まぁそもそもの母数も多いのでね。その30人の中で経験者と思われる人は4,5人程度でした。日本人だと8人集まれば、半数は経験者です。そしてみなさん上手だった。ひいき目でしょうか。

来週以降は、南米の人たちと一緒にプレイするそうです。国別対抗でゲームをするとみんな熱くなってしまうので、混成チームでやることになるそうです。なるほどね。。
posted by つか at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

サッカー場へ

中国人ポスドクT氏に誘われて、サッカーをやるために大学のグランドへ。ご存知のように、米国ではサッカーはマイナースポーツだが、女子学生の間ではそこそこの競技人口がいるようだ。今日行ったグランドも普段は女子チームが練習しているらしいが、土曜の夕方は空いているし気持ちがイイ、とのこと。

T氏の車で連れられて行ってみると、結構な人数がすでに集まっている。結局、9対9のミニゲームが始まった。そして私以外、全員が中国人である。

言葉はまったく通じないが、居る人間の多様性は日本とだいたい似たようなものだと感じた:ミニゲームなのに熱くなる人、ディフェンスばっかりする人、やたらとロングボールを要求する人、指示を出したがる人、などなど。

いやー楽しかった。

休憩の時に、トイレでおもいっきり中国語で話しかけられた。はじめ頑張って理解しようとしてみたが、やはり無理で、アイム ノット チャイニーズと言ってしまう。残念無念。プレイ中もけっこう中国語で話かけられた。どうも私は中国人に見えるらしい。
posted by つか at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

リーグ戦第8戦速報

学園リーグ第8戦(7月7日)の結果:

0−0の引き分け。

私の最後の試合ということで、FWで出場しました。
3回ほどチャンスがありましたが、すべてはずしました。ハイ。
多分インサイドキックで強めに蹴れば、ゴロゴロでも入ったと思うんですが、ま最後ということで強めに蹴ったら浮きました。ハイ。

試合中は、皆の心が私の方を向いていたので、超楽しく超気持ちよかったです。
なのに、点を決められず申し訳ない&めっちゃ残念。

通算成績:4勝2分け2敗。
posted by つか at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

リーグ第7戦(不参加)

私は(京都にいたので)参加できませんでしたが、
学園リーグ第7戦(6月16日)の結果:

0−1の敗戦。

いや〜な予感はしてたけどね。
チラッとは聞いたけど、たぶん勝てる相手。勝てた試合。
点を取らないと勝てないね。
次だ次ーー!!

4勝1分け2敗。
posted by つか at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

リーグ戦第6戦速報

学園リーグ第6戦(6月9日)の結果:

0−3で敗北。

まぁ、そういうときもある。

取れる時に点を取らないとそうなる。

10人+けが人でやっと11人という状況。

立ってるくらいならできると言って出場したSさん、次からは絶対に無理をしないように!! でも、ありがとう。

後半の真ん中くらいで、もっとムキムキに点を取りにいってもいいんじゃなかったのかなー、と思わなくもないが。うーん。
そろそろ5−0くらいでムキムキに勝利するような試合がしたい。
posted by つか at 01:34| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

リーグ第5戦(不参加)

私は参加できませんでしたが、
学園リーグ第5戦(5月26日)の結果:

3−0の勝利。

強いね〜
どうしちゃったのかな今年は

4勝1分0敗


<ついでに>
ゴルフ(6月3日)の結果:

初バーディー!!

パーも出したことないのに。

短めのサービスPAR5のホールで。2オンして。。

あまりに嬉しかったのでココに記ス
posted by つか at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

リーグ第4戦

学園リーグ第4戦(5月19日)結果:

1−0の勝利。

攻めていた前半に点が奪えず、ちぐはぐになって諦めかけた後半に相手キーパーのミス(ほとんどオウンゴール)で得点しました。サッカーって難しい。。

とにかく3勝1分け0敗。
posted by つか at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

リーグ戦結果

学園リーグ第3戦(4月28日):

2−2の引き分け

試合終了直前に同点ゴールを許す。。。かなり悔しい。
でも楽しかった。久々に本気出して走った。
どんなチームが相手でも今回くらい本気ださんとイカンなと思った。そしたら結果として楽になるはずだから。

通算成績:2勝1分

posted by つか at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

リーグ戦速報

サッカーのリーグの戦績をメモ。

4月21日
学園リーグ第2戦:
1−0で勝利!
決勝ゴールは、この私。

これで2勝0敗。


ちなみに、
学園リーグ第1戦(4月7日)は、
2−0で勝利!
開幕ゴールは、この私。

次も頑張るっす。
posted by つか at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

研究所内サッカー大会

所内レクリエーションとしてのサッカー大会がありました。研究室対抗のワイワイした大会を想像した方は、残念ながらそうではありません。全試合本気です。要するに、つくば市の社会人サッカーリーグ(学園リーグという)に所属しているチームの中で、由来がウチの研究所にあるチームだけ集まって大会のようなものをしましょう、というノリで毎年開催されています。そういうチームは、研究所にレクリエーション・サークルとしての届け出をだしてたりしますし(微々たる補助がでる)、何かしら大会ライクなものをした方がいいし、研究所もそれを奨励しています(賞状とか副賞を買う補助がでるらしい)。

毎年3〜5チームくらいが参加しているようですが、今年は5チームでした。うち1チームは外国人連合のようなチームで面白かった! アフリカ出身の選手は、届かないと思ったボールに本当に足が届きます。ビューーン、って伸びてくる感じで。初体験。

先々週とその前の週に予選があり(ダブルヘッダー×2で計4試合)、今日は順位決定戦でした。我がチームは3位でした。

春からは社会人リーグが始まります。12チーム総当たりなので、年間11試合。完全に、昔より衰えていますが、自分の衰え具合ダメダメ具合を知る上でも、今後このダメな身体とうまく付き合っていく上でも、スポーツを続けていくことは大事だと思います。その事が少なくとも、子供の運動会で張り切りすぎてケガをしてしまうお父さんの数を減らすことにつながると思いますー。
posted by つか at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。