2009年05月17日

外国人から見たらキュートなのか...

ダウンタウンで、真っ赤なランドセルを背負っている20代半ばくらいの女性を見ました!

おしゃれだった。。

ロシア系の顔立ちのきれいな女性でした。ともかく、ヨーロッパ系。

フルサイズではないけど、ちょっとだけぺっちゃんこにした、ランドセルでした。あれはどう見ても。

おしゃれに着こなしていた。。

いやいや、あれはプラダの新色です、とか言うのはナシにしてほしい。

posted by つか at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

やはり春と秋が短い…

4月の頭にほんの一瞬だけ暖かくなった後は、4月というのに寒い日が続いていました。ダウンジャケットを着てもいいくらい寒い日もあったのだけど、さすがに4月にダウンジャケットを着たくはないので、パーカーのフードをかぶり、その上からレザー(っぽい)ジャケットを着てやり過ごしていました。

昼間はYシャツで歩けるくらいの日もありましたが、夜は寒い。しかし夜になっても、着替えるのが面倒くさいのかTシャツで歩いている若い学生もいたり、ばっちりスキーのジャケットを着ているひともいたり。。

そして、昨日からいきなり気温30℃です。

もうちょっと中間はないのかね。

今日すこし大学に行きましたが、キャンパスを歩いている女の子はほとんど水着みたいな格好です。

私の研究室があるビルディングは、改修工事のせいか、いま現在エアコンが使えません。。。4月とは思えない寒い日が続いていたので、数週間エアコンを停止させるという措置も、はじめ聞いたときは「別に構へんがな」という感じだったのですが、今日ラボに行ってみたら、ビル全体がサウナ状態だった。特にフリーザーとかインキュベーターが多い部屋が最悪。。

ラボの廊下にゴキブリがいました。

まだ4月だよーー

心なしか、動きがとろい。ゴキブリでさえ、暑い?


posted by つか at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

リアル・バケーション

今日からボスは1週間のバケーションにでかけました。

「リアル・バケーションにするかどうかで迷った」と言っていたので何の事かと思ったら、インターネット環境のあるホテルにするかどうかで相当奥さんと話しあったらしい。

そして最終的にネット環境の無いホテルをとることを決断したらしい。。

そいつぁ、リアル・バケーションだね。


でもボス、iPhoneを持っていたはずじゃぁ…


ということで、メールはみれるらしい。緊急の用があるときはメールして、とのこと。

ただし、添付ファイルは開けない、というか開かないから、よろしく。っと言って行きました。


休暇にいくとき、
メールを1週間まったくみないというのは帰ってきたときのメールの溜まり具合が怖い。しかし、「メールを見るためだけ」と決めたとしてもインターネット環境があるとついつい机の前に長く座ってしまいそう。そんなときのiPhoneはいいのかも。しれない…

posted by つか at 14:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

懐の深さ

少し前の話ですが、財務金融担当大臣が酩酊した状態で記者会見をして、そのあと辞めましたね。

私のものすごく個人的な意見を言えば、彼を辞めさせてほしくなかった。

いまは100年に1度と言われる大不況のときです。

「酔っぱらった感じで記者会見をしちゃったけど、彼は財務に関する手腕はすごいから今辞めさせるわけにはいかないんだ」と言って欲しかった。(且つ実際にそのように手腕ある人物がこのような不景気下の大臣であって欲しかった。。)


経済が混迷しているときに、あんなに簡単に(?)財務大臣を辞任させることができるのだから、大した人物が担当していなかったと思われても不思議ではなく、世界各国の財政担当者から日本は相手にされなくなるのでは、と思います。

折りしも、麻生首相がオバマ大統領と会談したそうですが、それ以外では彼は各国の首相など重要人物との会見を拒否・ドタキャンされまくっていたようですね。コロコロと総理大臣が変わる国の総理大臣に会うなんて時間のムダ!と思われても仕方はないでしょう。みんな忙しいのです。(しかも支持率が超低空飛行だし、またもや総理が変わるかもしれないし)

そんな感じで、財政担当者まで各国から相手にされなくなるのでは、、と心配してみました。あそこで辞めなければ「酒癖は悪いが仕事はできるのだろう、たぶん…」と思われた可能性があるのでは。。あの人の後任で大臣になる人はさらにたいへんですね。(与謝野さんが財務・金融・経済財政を兼務し続けるのが良いのかどうかは私には分かりません)

しかも、風邪薬を飲みすぎた、と言ったのだから、あぁそうですか、と受けていればそのうちみんな忘れるのに、わざわざ辞めさせるから本当に酔っぱらっていたとバラしているようなものです。

-----------------------
ちなみに私は昔、風邪薬を飲んだあとに、その事を忘れてビールを軽く飲んでしまい、会見時の彼のような状態になったことがあります…。。 なので、彼は本当に風邪薬を飲んでいたんじゃないか、と私は思っていたりします。風邪薬を飲んでいるのに、「ひとくちだけなら…」ってな調子でワインに口をつけると、あのような酩酊状態になるのではないかと思われます…(経験者談)。

(初めて政治の話をエントリしてみました…。でもはっきり言って酔っぱらって車を運転しゃダメだけど、酔っぱらって記者会見しても別にいいと思うのだけどなぁ…)

posted by つか at 00:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

いろいろと忙しくしています。

先週は、大阪と神戸に行っていました。
13日の金曜日に阪大に行って、昔のボスと研究の話を。
具体的には、そのボスと共著で書くことになっているレビューについての打ち合わせと、今後の研究の方向性について。プラス、私がいまアメリカでやっている研究手法についての相談も。
夕方になってそのまま雪崩式に居酒屋にくりだし、話題は研究だけにとどまらず、いろんな方向へ。楽しかった!

週末は地元・神戸の仲間達と酒をかっくらい、月曜日に羽田に飛んで、そのまま羽田から高速バスでつくばへ戻りました。
火曜日は実験サンプルを調製。(ある光合成細菌の細胞膜標品。このブログのURLにもなっている奴です)
そのサンプルを持って、水曜と木曜に都立大へ行き、測定。 結果はやはり従来までの通説を裏切るもの。違う言い方をすれば、論文には使えないような結果ばかり。。しかし、こういう結果になることは(渡米前の)過去2年間の実験結果からあるていど予想はしていました。。。今回はそれを確信するためのツメの実験だったので、おかげで今後の研究の進め方がクリアになりました。

昨日、金曜日は、アメリカ大使館@溜池山王へ行って、ビザの更新をしました。
やはり2回目ともなると慣れたもんです。
奥さんの分の必要書類と、私の分を、別々のクリアファイルに入れておかないといけないところを、まとめて1つに入れていたので、窓口で分けるハメになりました。そのくらいで、あとは順調でした。

指紋採取は5本の指すべて採取に変わっていました。

面接も一瞬。

面接官「日本の政府のお金で雇われているのですね?」
私「ま、それはこの3月で終わりで、4月からは…」
面接官「とにかくいまは政府のお金で雇われているのですね?」
意図を察した私「Yes!」

という感じで一瞬で終了。
たとえあと2ヶ月で期間終了でも、学振の証明書はかなりの神通力がある模様です。。

1年半前と同じラーメンを食べて、奥さんの実家(神奈川)へ帰りました。

ようやくこれで、慌ただしいスケジュールもひと段落したので、しばらくはゆったりできそうです。あとの数週間はつくばで論文を書いたり、タンパクを精製したり、こしを落ち着けて作業できそうです。

とりあえず、その前に、明日から温泉旅行に行ってきます。
posted by つか at 12:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

うまいもん日記2009冬-つくば

ここまでの日本滞在における食生活を振り返ろうじゃないか!
今回はつくば滞在時にスポットをあててみよう、じゃないか!

つくば初日:昼、うおいちばで海鮮丼 夜、とんQでとんかつ
2日目:昼、食堂でラーメン 夜、恵方巻き
3日目:昼、食堂で定食 夜、ラーメン山岡や
4日目:昼、チムニーでプッタネスカ 夜、居酒屋(今尽)
5日目:昼、食堂でうどん(かるく二日酔い) 夜、ココイチでカレー
6日目:昼、ハンバーグドリア 夜、居酒屋(大漁丸)
7日目:昼、コンビニ弁当 夜、焼き鳥(鳥吉)
8日目:昼、小桜ラーメン 夜、ばんどう太郎でみそ煮込みうどん
9日目:昼、アンジェロでペスカトーレ 夜、しらすとイナダの二色丼
(もし間違っていたら随時訂正を!)

今回は日本滞在期間が長いので、特に日本食にこだわらずにイタリアンなども含めて雑多に食しております。「チムニー」やら「アンジェロ」やら、つくば的黄金コースを楽しみました。

ところで
街を歩いていれば誰でも一瞬で気が付くことなのですが、今年の冬に若い女性の間に流行っているファッションは、
スカートに 黒の厚手のパンストをはいて ブーツをはく 
のようです。

つくばは微妙ですが、東京や大阪や神戸を歩けば、

みーんなこの格好をしています。

いやーー、日本だねー。 という感じ。



あまりにみんな同じ格好をしているので、たまに普通にジーパンを穿いているコを見ると、なぜか惹かれます。


posted by つか at 02:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

大統領就任式の夜、

ラボ・ミーティングは、楽しく終了しました。

火曜日は大統領の就任式がありました。
朝の11:30からオバマさんのスピーチがあるとのことでしたが、私は朝からよその研究室の蛍光光度計を使わせてもらって蛍光スペクトルを測定する予定がはいっていました。ラボの計器が壊れてしまったため。
なので、R氏のテレビ付き液晶ラジカセによる就任式の視聴はなかば断念していたのですが、なんとか測定を終わらせて11時20分ころにラボに帰り着きました。

R氏のデスクの周りに9人の人間がひしめきます。
9人が、5インチ程度のモニターを見つめます。

ふと見渡すと、9人のうちアメリカ人はR氏だけです。

しかし全員が注目している。


当のオバマさんの父親も、ケニア人なわけで。

そのような人がアメリカの大統領になろうとしている。 まぁそれぞれが何かを感じていたことでしょう。


-----------------------
就任式の夜、いつものように晩ご飯をたべながら、YouTubeなんぞでドラマなんぞを見ようとしていたら、インターネットの回線がえらく遅っい。

最初はまたネットがダウンしたのかと思っていたけど、よく考えてみると、

多くのひとは昼間の就任式のときは、仕事をしていたわけで、きっと家に帰ってからCNNのウェブサイトかなんかで、就任式の模様の動画配信をみているのでしょう。

ネット回線はものすごいトラフィックだったことと思います。

-----------------------

「変化」の象徴のような人がアメリカの大統領になりました。

人種とか性別とか年齢とかで、人間を平等に見られない人は時代から取り残されるような、そんな気がします。


(ちょっと周りの雰囲気に感化されちゃったかも…)



posted by つか at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

謹賀新年

新年のご挨拶が大変おそくなりましたが、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

-----------

最近は、ボスがふってくる仕事の量がハンパなくなってきております…

仕事をまかせてもらえるのは、信頼してもらっているという意味ではよいことなんですが…(まぁそれをできるのが今のメンバーでは私くらいしかいないというのもあるが。。←結構誰でもできることなんだけども)

まぁあまりにもやるべき事が多いと、逆にパニックにもならずに、忙しく楽しくやれておりますデス。 なるようにしかならないので。

おそらく今のところ、研究テーマが8つ以上同時進行しているような…、そんな気がします…(数えたくない)

半分は共同研究なので、それに関しては私がやることはサンプルを調整して共同研究先に送るだけなんですが、アチラからの依頼が最近は、、「次はあれも欲しい、こんなサンプルも欲しい」という感じにどんどん増えてきています。。

とはいえ、2,3月は日本に帰らないといけないので、今日そのことをボスと話し合いました。
タイミングが悪いのは否めないけど、まぁしょうがないんだから、共同研究用のサンプル調整は4月以降にやればいいでしょう、とあいなりました。 理解してもらえてよかったっす。

ということで、1月の残りは、正味の自分自身の研究に専念したいと思います。(と言いながらも、1つだけサンプル調製が残っている…)

日本には1月29日に発つ予定です。

posted by つか at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

2008年 大晦日

大晦日の朝、風邪気味ということもありゆっくりめに起きて、ネットを開くと日本では紅白歌合戦で白組が勝利したとのニュース。14時間の時差は大きいです…

これから、今年おきたことをかみしめながら、最後の2008年を過ごそうと思っていたのに、日本ではもう新年を迎えているのですね。

とにかく、

Have a great new year!!

今年一年ブログを読んでくれたみなさん、ありがとう。

-----------------------

大晦日は、ラボに行って菌の植え継ぎをしたらすぐに帰ろうと思っていたら、

・プレートが足りない。
・嫌気チャンバーが空気漏れ。
・漏れの箇所を見つけて修復しようとしたら、修復用のテープが無い。。

という感じで、すぐ帰るどころじゃなかった…

ラボ・マネージャのG氏がLowe's(というホームセンター)までテープを買いに行ってくれたので、事なきをえましたが。。

先週あたりから、みんな自分の国へ帰ったりして、ラボにはほとんど人影がありません。その分わたしはノビノビと実験しました。今週は、3日間ともラボにきてたのは、ボスとG氏と自分だけ。。私も休みたいのはヤマヤマですが、2-3月中はこちらでの実験が中断するので、休んでいられません。ボスなんぞは、アメリカ人なんだから休めばいいのに、よぅ働くねぇって感じです。

posted by つか at 10:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

関西弁は世界を超える

アメリカにはボケとツッコミという文化があるのかどうか知りませんが、少なくとも私の周りにいる人達は、頻繁にボケたりツッコんだりしません。

誰かがふざけたことを言って、みんながそれにのっかる、というパターンは多いかもしれない。


そのような中、ラボの中国人があるとき不意にボケたもので、思わず「なんでやねん…」と完全なる関西弁で受け答えしてしまいました……。。。


「なんでや……」あたりで、あっ自分はいま日本語を喋っているな…、というのは気付いたので、とりあえずその後は何かゴニョゴニョと言ってごまかそうと試みたのですが、もはや半自動的に「…ねん…」 まで言ってしまいました。


いやぁ。。


実験器具(ビーカー等)の洗い物をしながら喋っていたので、意識がビーカー半分・会話半分になっていたのも非常によろしくなかったものと、思われます…


近頃は、ラボでは英語で会話し、家に帰った後は嫁さんとは標準語で会話するという生活サイクルだったのですが、、自分には真っ赤な関西人の血が流れているのだなぁ、と再認識したわけでございます。。


-----------------------

ボケてきたのが中国人じゃなくてアメリカ人とかだったら、こういう事態にはならなかったのかぁ、なんて思ってみたり。
やはり、見た目が日本人と同じですから。。

しかもそのボケた当人の中国人は、whatが日本語で「何」ということを知っていたらしく、「いまナニーって言ったよね?」と、するどく突っ込んできました。(確かに「なんでや…」の前に、「なん…」の段階でも一瞬あっ、て思ったので、そこで区切れていると思われても不思議ではない)

日本語を喋っちゃったよ、、と言うと

ダぁーイジョーブでーす!と言われました。もちろん日本語で。。

posted by つか at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

ようやく...

最近ようやく英語耳が覚醒してきたような気がします。。

何となく次の段階(ステージ2?)に来たという感じ。

ここまでくるのに1年4ヶ月かかった。。

それでも、まだまだなんですが。

あと1年がたつころにはまた次のステージに行っていたいなぁ。。

次の目標は来年の夏、ということにしてみようかな。

でも2,3月に日本にいたら一瞬で忘れるのだろうな。。
posted by つか at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

むしろみんなに知られたいか、いややはり知られたくないか

グーグルマップで生徒の住所などの個人情報が公開されていて問題になっている(いた?)ようですね。

そこまで騒ぐほどの事件なのか、甚だ疑問です。

使い方を知らない人が、知らないうちに他人の情報を世間にばらまくのは確かによろしくはないが。。

数万人規模ならまだしも、十数人なら、本人達にごめんなさいして終わり、でよいのではないかと。。

ハローページに住所を載せている人もいるわけだから、住所を知られるくらい、なんてことはないと思ってしまう。

広い国土のアメリカの、しかも片田舎に住んでいると、余計にそう思ってしまう。

大学生の間だけなら良いとしても、こんな片田舎で生まれて育った人は、ふと自分は世の中のほとんど誰にも知られず一生を過ごすのではないかという感覚に襲われるのではないかと思う。

ときに、アメリカのfacebookという日本で言うところのミクシィのようなサイトでは、ハンドルネームではなく実名で登録するのがごく普通なのだそうだ。

我ココにあり、というのを示すことにあまり抵抗がないのでしょう。むしろその機会を待っていたというか。アメリカ人を見ていると、名前とか住所とかを知られることに対して、日本人ほどは神経質ではないことは容易に想像ができる。。

グーグルマップの機能の初期設定が「公開」となっていたのも、そういうアメリカ人気質が関係していたのか。やはり日本版をスタートするときに少し初期設定を改変していたほうがよろしかったのでしょう。

最近のマスコミのニュースを見ていると、インターネットをたたけ!ネットは悪だ!という記事が特に多くなってきたように思う。それだけ若者のテレビ離れ(若者だけでなくとも)というのはかなり進んでいるのでしょうね。もっとテレビ離れが進んで、お昼のワイドショーとかが全部なくなればいいのに、と個人的にはひそかに思っている。

とはいっても、生徒をまもるべき先生が生徒の情報をだらだらと漏らしちゃったというのはやはり良くないのだろう。しかし、パソコンに弱かったり、土地勘がなくて地図みただけじゃ生徒の家に家庭訪問にも行けないような先生もいるのも確か。先生だって人間だからパーフェクトじゃないんです。許してあげましょう。(もしかしたら自分が将来「先生」と呼ばれる立場になるかもしれないので、その時のための言い訳か?)

久しぶりにとりとめのない記事ですが、実はこういうのを一番書きたいと思っていたりもする。頭の中でぐるぐると渦になっている事をあまり深く考えずに書いているうちに一本の線になったり、線になりかけたりという気持ちよい瞬間がたまにあるのです。

今週のラボ・ミーティングは私の研究進捗報告の回。 …、発表の準備しよ。。
posted by つか at 03:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

今後

地元の皆、大学関係の皆、つくばの皆さん、諸々の方々、



来年の4月以降も、いまの研究室に、つまりステートカレッジに残留することになりました。

4月からはいまのボスに給料を出してもらうことになります。

しかしながら、どれくらいいるかはまだ未定です。

ボス曰く、ちょっと予算がどうなるかわからないので、4月以降どれくらいいられるかは今の段階では言えないけれど、とりあえず「しばらく」は居られるだけの予算があるのは確か、とのこと。

しばらく、ってどのくらいやねん。。というツッコミは胸の奥にしまってみました。とりあえず実験をがんばろうかな。。


ちなみに、来年の2-3月は予定通り日本に帰ります。

そして3月に現在の学振の予算もおわり、4月からは名実ともにペン州大(ペンステート)のemployeeとなります。これは結構大事です。精神的に。

いままでは、ペンステートで研究しているのだけれどもペンステートの従業員ではない(しかも学生でもない)という何かとややこしい立場だったので、帰属がはっきりして気持ちは楽です。小さいところではバスの定期代とか駐車場代とか、何かと給料天引きになるので楽です。その分いままでは何かといちいち事務室に払いにいってたりしたわけです。



posted by つか at 13:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

北京五輪 野球 準決勝韓国戦 結果

負けました。

8回裏にエラーも絡んで4点取られ、6対2でした。

最後まで攻撃が淡泊でした。

悔しいですね。

韓国の選手はお祭りのように喜んでいました。それを映像でみると余計に悔しいです。



ちなみに、いま、リトルリーグの世界大会(ワールドシリーズ)がアメリカで開催されています。

この大会はいつも(毎年開催?)ペンシルバニア州のウィリアムスポートというところで開催されます。一度車でとおったことがありますが、高速から球場が見えました。小さな街でした。

テレビ放映もされていますが、ESPNというスポーツ専門チャンネルのすごくいい時間帯に放送されています。それがすごい。

日本代表の江戸川のチームは、快調に勝ち進んで準決勝までいっているようです。

http://www.littleleague.org/series/2008divisions/llbb/series.htm

こちらは決勝まで行ってほしいなぁ、と未来の日の丸戦士候補にすこしだけ期待をかけてみたいと思います。。


posted by つか at 15:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北京五輪 野球 準決勝韓国戦

予選リーグで負けて決勝トーナメントの初戦でまた対戦する。2年前のWBCのときと似たような感じ。

しかもキャッチャーに矢野が先発するとのこと!

どうしても観たい。

アメリカで、日本対韓国戦なんてやってないよな〜、と半ば諦めぎみに探していたら、なんとCNBCチャンネルで放送していた!!

すごい。

なるほど、アメリカは準決勝のもう1つの試合に回ることになったけど、こちらの時間帯で試合をしていた可能性もあるわけだ。。なんせ、ありがたい。

日本はいま昼間のはずだから、むしろ日本にいたらリアルタイムで観られなかったと思うと急に得した気分になった。

いまごろみんな、職場でYahooの一球速報などを密かにみながら仕事をしていることでしょう。

先ほど、藤川が同点のタイムリーを打たれました…

posted by つか at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

FedEX

昔のボスに頼まれて、日本に荷物を送りました。
FedEXで。
久しぶりにFedEXを使ったら、国際便の伝票はウェブで入力してプリントアウトしてそれを貼り付けるという方式になっていました。
それをするためにユーザーIDを取得したりと面倒くさいこともありましたが、国際便に関する税関とかのよく分からない項目を別ウィンドウで説明されながら書き進めることができたので比較的ラクでした。

一緒にコマーシャル・インボイスも作製されるので、ラクです。それを伝票と一緒に透明パウチに入れて荷物に貼り付けます。

FedEX Internationalは、国内便に比べたら荷物の量が少ないでしょうから、当面はInternationalだけのの措置だと思いますが、誰が何を何処へ送ったかというのが全てデータで残るのはすごい時代になったなぁという感じです。

というのも、何を隠そう私は学生時代にヤマト運輸で事務(兼配達)のバイトをしていました。

今はどうか知りませんが、当時は、発送した荷物の伝票は数ヶ月間保存していて、営業所には伝票が山積みになった小部屋がありました。伝票は日付ごとにまとまっているので、問い合わせ等で発送元の伝票が必要になったときは、伝票の束を小部屋から取り出してきて手作業で調べます。

当時でも、伝票番号をコンピューターに打ち込めば、日付と発送営業所(の番号)と担当ドライバー(の番号)が出てくるシステムがあったので、3分とかからずに目的の伝票には辿り着けていましたが。

懐かしいです。

posted by つか at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

マラソンの結果、などなど

4kmマラソンの結果は、25分弱でした。

先週、アパートのジム部屋にあるロードランナールームランナー(?)で練習してみたときは1マイルあたり10分のペースで走っていたので、その感じで行けば4kmだと25分だなぁ〜と思っていたら、ほんとうにその通りになりました。

しかし、機械のようにビッタリのペースで走れたわけではなく、前半とばしすぎて後半ほとんど歩いた結果です。。

ほとんど歩いたのにゴールしてみたら25分だったときは、前半にいかに自分が飛ばしすぎていたかに気付いてガクンとなりました。

マラソン大会なんて初めて参加したので、スタート前の群衆からほとばしるなんとも言えない高揚感は楽しかった。

きっとそのせいで飛ばしすぎたのでしょう。

---------
独立記念日は各地でイベントが開かれたようですが、そのうちの1つが毎年恒例のホットドッグの早食い選手権。

その結果は、こちらのスポーツダイジェスト番組(日本の「すぽると」のようなもの)、Sports Centerでも報道されていました。

今年も小林タケルと新チャンピオン・チェスナットのデッドヒートで、10分間の競技を終了して二人ともまったく同じ59個のホットドッグを食べ(鬼か!)、勝負は延長戦へ。

延長戦のことを、プレー・オフではなくて、ドッグ・オフ(“Dog-off”)と呼んでいたのが妙に面白かった。

ドッグ・オフは、個数の勝負ではなく、5個のホットドッグをどちらが先に食べ終わるかというもの。結果、チェスナットが勝利し、去年に続き連覇。小林は去年の雪辱ならず、でした。

----------

7月5日は久々のゴルフ(18ホール)。
自己ベストスコア、100がでました。
やはり嬉しかったのでココに記ス。
100切りは次回以降におあずけ。

posted by つか at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

うまいもん日記

一時帰国中の晩御飯の献立を振り返ると、日本滞在の濃密さが思い出されます。

とにかく以下のよう:

日本に着いた初日、刺身だった。
2日目、嫁の実家で、てんぷらを。
3日目、つくばの研究所の上司・同僚と飲み会。刺身を食す。
4日目、研究所同僚と寿司屋へ。一品料理も豊富な店だったので、てんぷらも注文す。
ここまで生魚か天ぷらしか食っていない。
(ちなみにこの日の昼食は、土浦のおいしいラーメン屋「小桜」へ。7月25日の記事とおなじく、行列に並んでいる間に店の写真を撮ったのでアップ。醤油ラーメンを食す。)
小桜.jpg小桜ラーメン.jpg
5日目、翌週からアメリカへ研究留学する同僚ポスドクの壮行会。かなりゴージャス系居酒屋で刺身を食す(またかい)。
6日目、義理の妹の結婚式で、おフランス料理のフルコース→腹が張り裂けそうになる。
7日目、実家近くの友人宅で、手料理。ホッとする。
8日目、実家で母親の手料理。(昼は近所のお好み焼き屋)
9日目、学生時代によく行った居酒屋で懐かしのエビマヨネーズ。No刺身。(昼は蕎麦)
10日目、沖縄料理店→焼き鳥
11日目、都立大→都立大の別のラボ(刺身有)→友人宅へ。
12日目、つくばサッカーチームの飲み会。当然刺身有。
13日目、学生時代の同期と飲み会。居酒屋→中華料理
14日目、友人宅でお好み焼き。(昼は中華料理)
15日目、休暇を取って温泉宿へ。豪華な部屋食。刺身も当然有。
16日目、もう1軒温泉宿へ。前日より旨い。刺身。
17日目、羽田空港でスパゲッティ。まずかった!
18日目、嫁の実家で義母の手料理。
19日目、成田→ワシントンDC経由、ステート・カレッジ

基本的に毎日食い過ぎ。

posted by つか at 10:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

久しぶりの日本

日本に一時帰国して、一昨日からつくばの研究所に来ています。

やりたかった実験も昨日無事終了して、今日はさらに追加の事もできそうです。

日本にいると、お金がドンドン無くなりますねぇ。。
でも食べるものはみんな美味しいですね。

本屋で立ち読みを始めると、あっという間に時間が過ぎ去ってしまうので、注意が必要です。

東京や横浜の人混みは歩きづらいです。何度か人にぶつかりました。

つくばは相変わらずの車社会で、そういう意味ではアメリカに似ているなぁなんてぼんやりと考えていましたが、この街ではチャリンコに乗っている中高生が危なっかしく見えました。18歳からしか車の免許が取れないのだから、もっと自転車用道路を整備すればいいのに、とか、この国は18歳以下の人間のことをどう考えているのだろう、とか思っていました。やはり久しぶりに帰ってくると、どうしても物事を鳥瞰して“総理大臣気分”になってしまいます。

そういえば日本に帰ってきたらキムタクがついに総理大臣になっていました。

来週は阪大に行きます。
その帰りがけに都立大へ。
そのままつくばまで再度やってきて週末はサッカーをします。

すべてが楽しみ。
あっというまに時間が通りすぎそうな予感がしています。





posted by つか at 07:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

ワインの会

本日は「ワイン会」と銘打って、日本人のお友達7人でワインを堪能した。

一人あたり25ドル弱の会費を集めて、幹事さんが良さげなワインを数本買っておいてくれた。

夫婦ふたりだけ、もしくは独り身ではなかなか買わないような、ちょっとお高めのワインも堪能できました。

これは実に素晴らしい企画だと思います。

なによりも、ワインを楽しむ、という何ともハイソな会合に私が選ばれたのが嬉しいではないですかっ。
何を隠そう私はアルコール飲料の中では一番ワインが好きなのです。飲み会ではいつもビールばかり飲んではいますが…

そんな私を見抜いてくれた幹事に感謝です。
というかこの企画自体に感謝です。

posted by つか at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。