2008年04月13日

Pittsburgh, April 13.

9時にチェックアウトして、アンディ・ウォーホル美術館に向かう。
到着するも開館が10時からだったため、しばらく近くをプラプラと。。

近くにはピッツバーグ・パイレーツ(大リーグの野球チーム)の本拠地PNC Parkがあった。桑田投手がいたところである。

アンディ・ウォーホル美術館。
なかなかよい。おすすめしたい。しかし、昨日の科学センターと同じく入場料が高いのがたまにキズ。大人15ドル。館内撮影禁止。
ウォーホルさんはピッツバーグ生まれのピッツバーグ育ちなのだそう。

昼飯
「地球の歩き方 アメリカ」に載っていたお店「Primanti Bros.」へ。
この店のサンドウィッチは、アメリカにしては珍しく野菜(コールスロー)が挟まっている。というか、野菜どころかフライドポテトまで挟まっている。。。このスタイルがお店の名物のようだ。
中に挟まっているお肉は超うまい。しかし一緒に挟まっているポテトのせいで、なんとなく味がぼやけている気がする。なぜこのスタイルにしたんだ…?とぼやきながら、ポテトをつまんで出して、別々に食べた。
primanti.jpg

少し郊外にでて、ピッツバーグ大学の有名な建造物へ。42階建ての「Cathedral of Learning(学習の大聖堂)」。
ものすごいでかい。これが大学の所有物であるとは。。

cathedral.jpgcathedral inside.jpg

中に入ると、内装も趣があって歴史を感じるいわゆる"観光スポット"という感じなのだが、しかし学生がふつーに勉強している。
35階以上に上ってみたが、やはり数人の学生が勉強していた。鍵はしまっていたがオフィスや会議室もあった。磨りガラスの向こうの室内の様子から察するに、文系の教員か大学事務職員の居室のようだった。しかしまぁなんとも景色のよい(怖い?)オフィスだろうか。

帰り道もロングドライブを強いられるので、早めの解散。モーテルに車をとりに戻る。

天気予報では土日ともに雨降りだったのだが、晴れ女(嫁)の神通力でなんとか天気はもちこたえてくれた。
モーテルへ戻る道中、激しく雷雨が降り出した。ギリギリセーーーフ。またねRちゃん。

posted by つか at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93664111

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。