2012年08月29日

最後の晩餐(2)



当初の私の予定では、その週の木曜にニューヨークに向けて旅立つつもりだったのですが、1日ずらして金曜日にしといてよかったわけです。

しかも案の定、木曜日まで鬼のように実験をしていたので、1日伸びたおかげでラボでの最終日はゆったりと過ごせました(今までそんなだった事はいちどもありません。例えばこのように。)。

その日は、朝からBossの部屋の明かりがついていたけど、ドアは閉まっていました(これは「いま忙しい」のサインです)。

昼過ぎになっても部屋から出てくる様子はなく、1年ぶりの復帰なのに特に顔みせ的な挨拶もない。らしいと言えば彼らしいが、いよいよラボメンバーが集まりヒソヒソとしはじめ「ほんまに帰ってきとるんか?」「だれかノックして確かめてこいや」と冗談がとぶようになってきました。。

7月から新しくポスドクとしてやってきたMT君は、まだボスと会ってもいないし、挨拶くらいしておきたいということで、彼がボスの部屋へ乗り込むことになりました。

で、MT君はボスの部屋へ向かってから、思いのほかすぐに帰ってきた。聞くと、「来月から始まる新学期の授業を担当するんだけど、シラバスも何も作ってないから超ヤバイ。2時過ぎまで昼飯すら食えそうにない。午後は、Y(私のこと)と話をしなければならない。君とは明日からも毎日いつでも喋れるから今日は挨拶だけね。」とBossに言われたそうである。

いやはや、なんとも彼らしい。Bossとの初対面で緊張しているMT君をあっさりとスルーである。

逆に私のことはスルーされなくてよかった。。(されなくて当たり前なんですけどね。こっちは会うために帰国日を1日ずらしておるのだから。そのことは彼も知っていたし)

よく考えたら、4年前に私がアメリカに降り立った日に、空港まで迎えにきたBossをあっさりとスルーしてしまったわけだから、あまり人のことはツッコめないのである。


まぁとにかく、2時まではBoss部屋のドアが 1 mmも開くことはなさそうだし、昼ごはんをラボの有志メンバーでダウンタウンに食べに行く事になっていたので、ゆっくり食べられそうでよかった。

(つづく)

(はよBossと喋れよ・・・)



posted by つか at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。