2012年07月22日

地デジが映らなくて 夏


以前に「アメリカから帰国する前に買っておくべきオススメの品10選」という記事を書きました。

それとは正反対に、アメリカから持って帰ることをまったくお薦めしないけど、あえて持って帰ってきたものがあります。


それは大型液晶テレビです。


まず、でかいので引越し代がかさむため、まったくお薦めしません。

帰国したら洗濯機やら冷蔵庫やらを買わないといけない。日本のテレビを4年間みていなかったので、日本に帰国してもテレビをほとんど見ないだろうから、テレビ買わなくていいかな。しかしリビングにテレビがないと何か物寂しい。じゃあ置物がわりといっちゃなんだが、映るかどうか分からないけど、最低でもDVDは見られるので、テレビを持って帰ろう、ということになりました。ちょうど引越しプラン内に収まりそうだったので。

まず周波数の問題で、米国で買ったテレビは西日本でしか使えないという情報を聞きました(なんとなく関東でも映る気はしていますが…)。

私の赴任地は滋賀ですが、とりあえず使えています。

しかし、当然のことながら、地デジ対応していないので、チャンネルが移りません。

いわゆる「地デジ難民」というカテゴリーにどっぷりと入っております。

しかし「デジアナ変換」という方式があるようで、なぜかフジと日テレだけは粗い画像で映ります。どうやら2015年までの経過措置で、デジタル放送をアナログに(わざわざ)変換して送信してくれているようです。

とりあえず何となく良かったですが、日本代表の試合が必ずテレビ朝日系列で放送されるのでサッカーが観られません!(まぁ松木さんの最低な解説を聞かなくてよいだけましと思うことにします)

実際のところ帰国してからテレビをまったく点けていません。トータルで10時間もテレビを見ていないと思います。

あと、NHKの受信料請求を断るのがラクです。「地デジに対応しとらん」というと、すぐに去っていきます。
「対応したらまたお願いします〜」と言い残して去っていく背中に「しねぇよ」という言葉を浴びせたりしてはいけません。


posted by つか at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。