2011年12月07日

車の個人売買その1


アメリカから日本へ帰国する前に、車を誰かに売らなければなりません。

方法は、個人売買をするか、ディーラーに下取りに出すか。

ディーラーに持っていけば安く買い叩かれるが手続きは全部やってくれるので、帰国前の時間がないときにはラク。

個人売買は、ディーラーで下取りにだすよりも高額で売れるし、買う方もディーラーで買うより安く買えるので双方がハッピー。買う方と売る方の人間が揃って事務所に行き(片方は委任状でもいいらしいですが)、書類作成や手続きを自分でやらなければいけないので面倒くさい。買い手が知り合いならいいですが、掲示板やクレイグリスト等で募集した買い手の場合は、役所にいく日程を合わせたり、値段交渉など結構面倒くさい。

ディーラー下取りか個人売買か、それぞれの場合の相場は、Kelly Blue Book (www.kbb.com)で調べることができます。

私の場合は、ラボの大学院生Sくんに売りました。書類をいちから揃えるのは到底ムリと思ったので、(手数料をとられはしますが)手続きを代行してくれる事務所に二人でいき、そこで言われるがままに書類に必要事項を書き込み、無事その場で新しいナンバープレートをもらうことができました。

ひとつ残念だったのは、いろんなひとがそうしているように、ナンバープレートをアメリカに住んだ記念として日本に持って帰ろうと思っていたのですが、所有者ではなくなってから数日以内に陸運局(的な部署)に返却しないといけないと言われたことです。4月に帰国した友人は、プレートを記念に持って帰っていたので、4月から夏までの間に法が改正されたのか、譲渡か売買か等でシチュエーションが違うとそうなるのか、実は返さなきゃいけないんだけど皆(気づかない人も含めて)ブッチしているのか。。。あーどうせ日本まで取り立てに来ないだろうし、そのまま持って帰ってくれば良かったかな〜と思ったりもしますが、そのプレートを見るたびに、良い思い出だけでなく苦く酸っぱい思い出もついでに思い出してしまいそうで、まぁないならないでよいかなぁと思うことにしました。思い出はいつも心のなかにあります。。

posted by つか at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何ドルかナンバープレート処分費用として搾取されるという話をきいたので、面倒くさいのもあり、過去の車のナンバープレートをまだ持っています。 それが6年前くらいなので、ルールは変わってないと思います。
しかし、今までに一度も取り立てに来た人も居なければ、請求の手紙も来たこともない。
防犯のためだと思います。簡単にナンバーの取替えができるから。 今更だと思うけど、送ってあげようか?
Posted by うち at 2012年03月02日 13:48
うちさんのプレートをもらってもしょうがないので遠慮しときます。。ちょっとアメリカかぶれがはげしいので、その上ナンバープレートなんかデスクにかざったりしたらキツいかもしれないので、無いほうがよかったのだと今は思っています。情報ありがとうございます。

Posted by つか at 2012年03月02日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。