2011年02月27日

Tax return 続き


先日のTax returnの記事のつづきです。

J-1ビザで米国にやって来て働いている人は、渡米後2年間は税金免除です。毎年のTax returnで、その旨を述べて、税金払っていないことの確認をするか、もしくは既に税金が天引きされた場合は納めた分を返してもらうように主張します。

この非課税措置は、一応、ビザプログラムが始まってから(つまり渡米後から)2年間ということになってますが、主張すれば「米国で働き始めてから2年間」になり得ます。

なので、アメリカから給料をもらっていないのに、Tax returnをファイルしてしまうと、後々にもしアメリカから給料をもらうようになったときに非課税の恩恵を受ける期間が減るか、最悪はまったく受けられなくなります。

なので、ゼロの物のために、書類を提出するのはやめておきましょう、というわけです。


ちなみに私は最初の1年半は学術振興会から給料がでていたのですが、その後ペンステート大に雇われました。ちゃんと、ペンステートに雇われた最初の年に払ったFederal income tax は、Tax return後に全額返ってきました。もちろん最初の2カレンダーイヤー分の申告はしてません。無視してました。というかただの怠惰です。。。


(一部の方に続きを期待されてしまいましたが、こんなんでお気に召しましたでしょうか。。。「召さないねぇー」という方はコメントを。お応えできるかは保証しませんが。。。)



posted by つか at 06:05| Comment(17) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
めっちゃ勉強になりました!
ありがとう。参考にさせて頂きます〜。またわからないことは個人的に相談すると思うので、よろしくお願いします!
Posted by きゆで at 2011年03月01日 01:44
はーい!
Posted by つか at 2011年03月01日 13:18
J-1の2年間免除というのは、一度帰国するとリセットになるのでしょうか?
私の場合は、去年渡米してこの3月に帰国するのですが(アメリカでの給料は0です)、数年後にまたJ1(有給?)で米国に来る可能性もあります。
リセットになるのであれば提出した方がよさそうですが、ならないのであれば提出しない方が良いですよね。
もしご存知であれば教えてください。よろしくお願いします。
Posted by つだっち at 2011年03月09日 10:47
数年後に渡米するときに別のビザプログラムで来ればそのときも2年間免除なのか、おひとりさま1回までなのか、私には分かりません。が、そもそも今アメリカからの給料が0なら書類を出す必要がないのでは、というのがココでの私の結論です。
Posted by つか at 2011年03月09日 11:32
なるほど、ありがとうございます。参考にさせていただきます。
Posted by つだっち at 2011年03月09日 12:45
気になってForm8843の書類を読み直してみたところ、書いてありました。
過去6カレンダー年に2カレンダー年、非居住扱いの特例を受けるている場合は特例の適用ができないようです。
従って5年でリセットされるようです。
Posted by つだっち at 2011年03月09日 13:22
なるほど、6カレンダーイヤーですね。参考になりました。ありがとうございます。
Posted by つか at 2011年03月09日 13:28
怠惰で申請しなかったものは、Amendmentで返還請求できるはずです。 「過去のものは間違いだから、今回新しく過去のものを修正して出す」という意味合いのものです。
Form 1040Xなるものが存在します。 すべての1040(NR)に対し、過去2年間にさかのぼって修正できるようです。
詳細は1040NRのインストラクションにも書いてあります。
http://www.irs.gov/pub/irs-pdf/i1040nr.pdf
Posted by うち at 2011年03月20日 04:33
怠惰で申請しなかったものは、Amended returnで返還請求できるはずです。 「過去のものは間違いだから、今回新しく過去のものを修正して出す」という意味合いのものです。
Form 1040Xなるものが存在します.
最後にTax Returnを提出してから3年か、最後に税金を払ってから2年のどちらか遅いほうまでの間、この書類を使ってTax Returnを修正可能です。
Posted by うち at 2011年03月20日 04:40
お〜、なるほど!ありがとうございます。
じゃあこれでSさんの過去の税金をみんなで山分けできますね。。。
ちなみに、私は今年は早めにやって、もう書類を郵送しました!

Posted by つか at 2011年03月21日 00:54
こんにちは。9月からアメリカでポスドク(J1ビザ)をするのですが、税金について気になって調べていたら、この日記にたどり着きました。

色んなサイトを読んだのですが、内容がまちまちだったので質問させて下さい。

アメリカの大学から給与をもらっている場合でも、2年間は税金が免除されるのですよね?大学によると思うのですが、この二年間は毎月もらう給与から税金が引かれることがないと思っていればいいでしょうか?もしひかれていても、申請することでもどってくるのですよね?
もし良かったら、メールアドレスの方に、コメント頂いてもいいですか?

よろしくお願い致します!!
Posted by あかね at 2011年05月26日 00:37
>あかねさん

はい、そうです。
二年間は給与から税金が引かれることがないのが普通です。もしひかれてしまっていても、Tax returnの時にクレームすればまとめて返ってきます。もしそれがいやなら天引きされていると分かった時点で、Officeにいって提出すべき書類について尋ねてください。きっと提出漏れがあるからそうなっているはずなので。。
Posted by つか at 2011年05月27日 01:04
今回初めてTax returnに挑戦する主婦です。今さらコメントしてお返事はいただけるでしょうか…?
夫がポスドクで、最初の半年は学振から、その後現在までの約2年間はアメリカの大学から給料をもらっています。
去年が米国で給料をもらうようになってからの2年目になるのですが、つかさんのようにTax treatyを主張するには、どのFormを使えばよろしいのでしょうか。

お恥ずかしいことに税金のことをあまり知らなかったので、今回が初のTax Returnになるのですが、これまで少ない給料でガッツリ取られていたので何とかしたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
Posted by てっちゃん at 2012年03月31日 12:50
とりあえず必要そうな書類は、
Form1040
Form8833
W-2
(おそらく)W-2 reconciliation statement

奥さんがSSNを持っていないのにFiling jointlyで申請する場合は、さらに追加で書類が必要です。私は奥さんがSSNを持っていたのでこのあたりはよくわかりません。周りの日本人の方に聞くか、大学のボランティアの無料相談窓口などを利用して調べてみることをお勧めします。

私も今年はまだ書類出していません。。日本からの申請だとやる気をだすのも一苦労です。
Posted by つか at 2012年04月01日 12:01
お返事ありがとうございました!
Form1040を使ってTax treatyは主張できるのでしょうか?
Form8833については知らなかったので調べてみます。

大学にはボランティアの相談口はなく、先週市のボランティアに聞きに行ったのですが、Jビザは全く分からないとのことで、専門家を紹介されました。これは最後の手段にしたいと思っています。。。あとはIRSに電話で聞いてみようか…

そうかぁ、帰国後も申告しないといけないですよね。すっかり忘れてしまいそう。ではお互い頑張りましょうね!
Posted by てっちゃん at 2012年04月02日 10:40
non residentなのにしかじかの理由で1040を使っていますよ、ということを8833に書くのだと思います。1040ではなくて1040-ナントカで申請する方法もあるようですが、私はそのやり方は知りません。色々なパターンがあるので(私からは一概に言えないというのもあり)、迷うようなら聞いてみるのが一番だと思います。
Posted by つか at 2012年04月02日 11:11
なるほど。。専門家に依頼する可能性が非常に高くなってきました…w
色々教えていただいて、ありがとうございました!
Posted by てっちゃん at 2012年04月03日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187983565

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。