2011年01月17日

「自炊」の代行は、もはや自炊ではないが便利なのでよし


もはや海外発送の代金なんて気にする必要はないのかもしれない。

本を裁断・スキャンしてPDF化してくれる業者が乱立中の模様。

1冊100円が相場のようです。たぶんこれが一番やすいですね。

amazonで注文して直接送りつけることができます。

こんなんこんな感じの業者。

業者一覧をまとめてくれているサイト発見。

便利な世になったもんです。

これから海外に行く予定のひとはiPadを買っていきましょう。(もしくは現地ですぐ買いましょう)


*タイトルの「自炊」ですが、自分の本棚にある本を(自分で裁断・スキャンして)電子化していくことを「自炊する」というそうです。自炊の代行って何炊?


posted by つか at 14:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たぶんアメリカにも類似サービスあるんだよねぇ?こっちで買っちまった本を帰国前に(帰国できればだが…)電子化してしまいたいんだよね。
Posted by シロハラクイナ at 2011年01月17日 15:13
あるみたいだけど、値段がよく分からない。シンプルに1冊100円とかいう感じではなく、見積もり制がおおい気がするよ。ぼくは日本語の本ばかり持っているのでこちらの業者は使うつもりがありません。そのうちScanSnapを買うつもりです。でも大半は、捨てるか誰かにあげて帰る!
Posted by つか at 2011年01月18日 06:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。