2010年07月01日

ペナルティ・キック

私は大学生の時に所属していたチームでよくペナルティキック(PK)を蹴っていました。

駒野選手とまったく同じところに外したこともあります。その時はたしかPK戦の一人目(しかも先攻)でした。

ちょっと浮いてくれるだけでいいのに、なぜかあんなに浮いちゃうんですよね…

逆に長谷部選手のやつくらい(もしくはパラグアイの4人目)、絶妙な高さに決まった時もあります。その時のPK戦は、たしか4人目で私が決めたら勝ち、しかも昇格がかかっているという場面でした。

試合中のPKの成功率は、たしか4回やって2回決まったのだったと思います(成功率わるいな…)

試合中のときのPKと、PK戦のときのPKを蹴るときでは何が違うかというと、試合中のときはとにかく疲れているので体力との闘いでした…。同点とか勝ち越し点がかかっていようと、あまり緊張はしませんでした、個人的には。とにかく疲れていて、蹴りたいところとの誤差が生じるはずので、それをどうやって上手いこともっていこうかとそればかり考えて。。。
PK戦のときは、やる前に休憩する時間がありますので、たいがい体力は回復しています。そのかわり蹴るまでに時間がたっぷりあるので、あれこれ考えるのでやや緊張します。

個人的には、外したときと決めたときで何が違ったかと考えてみると、気持ちが冷静で落ち着いて蹴れたときほど失敗する、という結論に達しました。あくまで私の場合ですが。

「このくらいの高さ・コースに決めたらたとえキーパーに反応されても取れないだろう」とか技術的なことを考えると大抵うまくいきませんでした。「これを決めてベスト4に行くぞ」「昇格すんぞ」という風に熱い気持ちが入っていたほうが、いい感じのコースに決まってくれます。つまり冷静になりすぎてもいけない、と。

気持ちが入っているので上体が前かがみになって、ちょうど抑えの効いた高さに決まってくれるのかもしれませんね。

難しいです


PK戦でW杯を去るというのが、あんなに気持ちの整理がつかないものだと初めて思い知りました。よくやった日本代表に感謝しています。


posted by つか at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155009401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。