2010年05月23日

UEFAチャンピオンズリーグ決勝

ヨーロッパの夜なので、こちらでは昼の開催です。土曜の午後2時半からキックオフというなかなかゆったりした時間帯でよろしい。日本だと深夜3時半ですよねぇ。まだ土曜だからいいけど。

出かけていたので、ほとんど表彰式しか見られませんでした。負けたほうの選手やサポーターも(表情は疲れ切っていたけど)表彰式の間はちゃんとしていて、それを見たらたしかにちょっと前に問題になった川崎フロンターレの態度は決してよいものではなかったのだなぁと思いました。当時はちょっと処分が厳しすぎるのじゃないかと思ったりもしたけど。バイエルンは立派だった。プロです。

研究室の同僚K氏は、ミュンヘン生まれのミュンヘン育ちで、当然バイエルンファンなわけだが、彼にとっては残念な結果となってしまった。

去年までユーロサッカークラブのキャプテンだったひとは(もうイタリアに帰ってしまったけど)、本気のインテルファンだった。インテルが負けたらマジで機嫌が悪い。きっといまごろ泣いていることだろう。彼からインテルがなんでインテルナチオナーレという名前なのかを教えてもらったときはちょっと感動した。いや、サッカーファンなら知っとけってくらい有名な話なそうなんですが…。それ以来ちょっとインテルが気になっていたので、優勝してよかったです。

ミリトのゴールはすごかった。簡単そうにやっているけど、すごい。自分がやったらフェイントまでは上手くいくかもしれないけど、そのあとボールが足に絡みついちゃってもうどうしょうもないでしょうね、きっと。。




posted by つか at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。