2009年12月30日

ホリデーシーズンの大学はとてもひっそりしている

12月20日前後から母国や実家へ帰るひとが増え始めるものの、23日までは「夏休みの大学(日米問わず)」という雰囲気で、キャンパスに学部生はいないものの研究棟は稼働している。

しかしそのような雰囲気も24日で終わり。24日からは各建物に鍵がかかって、日曜日と同じ具合になる。研究棟内にも誰もいなくなる。いや普段の日曜日のほうがもうすこし物音がしていると思う。そのくらい静か。

公式な祝日は25日だけなので、なぜか私は毎年、24日までは人がいるのだろうと勘違いして、研究室に来てから「そりゃそうだ」と気付く。イブにラボに来ても誰もいない(でもボスはいる)。イブはみんなクリスマスディナーを囲む。昼間はその準備で忙しく。そして25日はプレゼントを交換しながらゆったりと過ごすのである。。

大学の事務も23日くらいから閉まって年明けまでお休み。私は年明けすぐにラボ・ミーティングがあたっているので、その前までにひと実験おわらせるべく、いそいそとラボに来つづけている。来ているのは私とボスとあとは中国人が1,2人くらい。ストックルームも閉まっているので、実験中にもし試薬がきれてしまっても買いにもいけない。目下のところはペーパータオルの代えがないので手を洗ったらシャツの裾で拭いている。もし何か試薬をこぼしても、シャツの裾で拭くはめにはならないように、今ある分をキープしている。。

24日はさすがに私も(ボスも)午後早めに帰って、夕方からは毎年恒例となりつつあるワイン・パーティを催した。普段は飲めないような高級なワインをたらふく飲んだ。


しかし実は24日は朝一で、この前アクセプトされた論文のゲラ刷りが届いた。例のごとく48時間以内に修正箇所を見つけて返答しないと、そのまま最終稿となってしまう。まさに、イブとクリスマスに働けと言っているようなものである、恐ろしや。私とボスで(そもそもこの2人しかラボにいないのだが)ちゃちゃっとやっつけて午後3時くらいには返信した(そして帰った)。12/31にNIHのグラントの中間報告の締切があるらしく、それまでにE-publicationの状態になったらいいなぁ、と言っていた。しかしまぁ締切の期限が大晦日とは末恐ろしい。ご苦労サマです。。


posted by つか at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国留学(研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136913842

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。