2009年12月04日

科学コミュニケーション

CMC出版という出版社からのメルマガにあった記事です。いつもはガーッと読み飛ばすのだけれど、やはり『事業仕分け』という言葉があると反応にしてしまうようになってしまいました。。


―┬―――――――――――――――――――――――――――――――――
1 事業仕分け、どう思われますか?
―┴―――――――――――――――――――――――――――――――――
なんとなく気忙しい師走となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。月日
の経つのは早いもので、今年もまさに暮れようとしております。

さて、科学技術を対象とする行政刷新会議の事業仕分けが行なわれ、振るわ
れた大なたが関係者を戸惑わせています。事業仕分けでは、次世代スパコンを
始めとする大型事業から、研究者に支給される資金まで、多くの項目が廃止や
縮減と判定されました。

―┬―――――――――――――――――――――――――――――――――
2 サイエンスアゴラ的発想
―┴―――――――――――――――――――――――――――――――――
科学を一般の人々に伝えるという“科学コミュニケーション”を生業にして
いる新聞・雑誌記者らに聞きますと、「科学界の現場では当然のことである認
識が、一般の人々の代表者である事業仕分け人にとってはわからないのでは」
という声が聞かれます。
とかく気になるのが、人材育成に関する事業の予算縮減です。私の周りには、
ポスドクなど若手研究者がいますが、彼ら彼女らの支援を過保護として縮減し
ようとしていることに首を傾げてしまいます。

最近注目されている、iPS細胞や超伝導材料に象徴される先端的研究を支えて
いるのは若手研究者です。研究ポストが削減されると、多くのポスドクが就職
難に直面してしまいます。若手支援で過ちを犯せば、後々、日本の科学技術に
対して付けが回ってきます。

先月開催された「サイエンスアゴラ〔http://www.scienceagora.org/〕」で
も、これまで以上に若手研究者の話題がクローズアップされていました。

研究現場を問題視しているNPO関係者によると、「数年前、マスコミ報道で、
ポスドクを終えても一定の職に就けない博士問題や高学歴ワーキングプアが問
題視されました。彼ら彼女らの両親は、ゆくゆくは大学の教授になるものと信
じているため、結果、追い詰められてしまっています」。
最近では、日本で就職できる機会も限られ、海外へ出たり、また、ポスドク
問題に直面した学生が博士課程に進学をしないケースが多いとのこと。
“頭脳流出”や“博士課程への進学拒否”といった状態が続きますと、いつ
しかポスドク問題が死語になるのかとさえ感じてきます。

今回の事業仕分けによる結果を見て、一般人の代表でもある仕分け人にサイ
エンスの現場を伝えるきっかけになったと前向きに捉えたら良いのでないでし
ょうか。「政権担当が誰になっても、サイエンスという現場は変わらない」。
こういった意識を一般の人に伝え、巻き込むような形を作る必要があるかと思
います。

参考までに文部科学省のホームページでは、「行政刷新会議事業仕分け対象
事業についてご意見〔http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm〕」
があり、その下には事業仕分けの結果が掲載されています。


-------------


仕分けの対象事業は、どうやら財務省の主計局が裏で糸をひいて選んでいたみたいですね。
産経新聞の記事
【事業仕分け】マニュアルが存在していた! 背後に財務省の影


ついでに別の記事


「仕分け」で予算編成のあり方がオープンになりつつあるのはよいことですが、結局財務省主計局の密室体質はなかなか変わりそうにないのかも。

これで分かったことは、対象事業は、本当に必要かどうかではなく、予算が削りやすいかどうか、または財務省がツッコミどころを押さえているかどうかで決まったようです。なんともなさけない。文部科学省のひとはツッコミにちゃんと対処できるように頑張ってほしかったです。やはりヒアリングの場に現場の研究者・指導教授・拠点リーダーが呼ばれるべきだったのではないかと改めて思っています。


posted by つか at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134680987

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。