2009年11月22日

科学技術以外の事業仕分けの話も…(後半部分)


とりあえず金曜日に、文部科学省の担当者にはメールしておきました。

前回のエントリで、文部科学省の人間が予算を守るために抗弁する姿は本来あるべき姿だ、と書きました。しかしもっと言うと、研究者自身(の代表者)が例のヒアリングの場に呼ばれるべきなのではないかと思い直しています。国民のアンチ官僚の心理を利用して、官僚VS民主党という姿を公開するというのは、むかつくけど上手くやられたなという印象です。

しかし、若手研究者関連の事業の場合、若手研究者の総意を答弁する人間とは誰なのかと考えると、はて??という感じです。

ペンシルバニア州立大学にはPostdoc Society という団体があります。各大学のポスドク団体の代表者があつまる全米版のポスドク・アソシエーションというのもあるらしいです。日本でもそういう団体があってもよいと思います。日本ではポスドクというのはあまりよい響きではないようなので、名前は何でもよいですが、助教クラスの教員の待遇もセットにして議論していくような感じにしたらよいと思います。

例のヒアリングに話を戻すと、ヒアリング時間がたった1時間というのは、単にパフォーマンスのためだったのでしょう。はじめから廃止・縮減が既定路線だったように写りました。そもそも1時間では何も分かりません。ということは対象事業がどうやって選ばれたのか、ということです。表向きは行刷大臣と仕分け人が選んだことになっていますが、文部省が「いけにえ」として対象事業のリストを差し出したとも考えられます。大事かどうかではなく、切りやすいかどうかで決まった可能性もあります。真偽のほどは何にせよ、ちょっとした官僚のさじ加減で方向性が変わっても困るので、対抗するための窓口となる若手研究者団体があってもよいと思うわけです。

-------------
話は変わりますが、今回のことで、そろそろtwitterの始め時かなと思いました… (ついでにfacebookもいっとくかー)


さらに話は変わりますが、医療関係の事業仕分けについて、猪瀬直樹氏の良いコラムを見つけたのでリンクします。私は、猪瀬氏のことは(やはり顔が)あまり好きではないのですが、読む価値はあると思いましたので。。

安易な事業仕分けが周産期医療の悲劇を招く

出産間近の妊婦が病院をたらいまわしにされるという事件は記憶に新しいと思います。周産期医療対策事業というのはそういう事をなくすためのものです。これも今回の“ムダを省くための”事業仕分けにより、縮減の対象となりました。少子化対策とか言っておいてこういう事をやるのだから、やはり民主党にはビジョンが無いとしか言いようがありません。物事の因果関係が理解できていないのでしょう。

印象にのこった部分を抜粋してみます。ちなみに、この事業の縮小により約300億円が浮くそうです。

「民主党のマニフェストは子ども手当の予算2兆7000億円を計上するという。そのために周産期医療という緊急事態のためのわずかな予算を削るのは、少子化対策として大きな矛盾である。子どもを産む妊婦は、周産期医療に不安を感じている。
 本場イギリスのマニフェストは、時間をかけて党内の合意を形成し、まとめられている。民主党のマニフェストは、選挙直前の7月に、数人でつくられたものだ。正当性が疑わしいマニフェストに振り回されるのではなく、国民の不安を取り除くことに力を注いでもらいたい。」


無条件でお金を配るよりも、世帯年収が例えば700万円以上の家庭には子供手当を支給しないとか、細かく政策を練り込んでいけば、もっと莫大な削減ができたはずです。


ちなみにまたまた話は変わりますが、今回の事業仕分けは国民の7割ほどが支持しているそうです。一般の国民目線でいえば1つ1つの事業の中身なんてよく分からないものです。支出を削減しようと頑張っている民主党を応援したくなるのも当然でしょう。科学関連についていうなら、科学研究の内容・重要性・おもしろさを一般社会に理解してもらうことをそろそろ本気でやらないといけないのだと思いました。


posted by つか at 11:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログの最後の部分について。

科学の面白さを世間、子供たちに興味を持ってもらうということについて、うちの会社はCMでもやってたりして、そういう部分がすごい自分で自分の会社が好きなんですが。。。

つかっちのやっている光合成の研究は、工学部的な研究ではないけれど、これからの地球温暖化の原因のグリーンハウスガスの低減に役に立ったり、もっとずっと未来に人間が宇宙に飛び出して生活をしていく上で、酸素の供給をいかにまかなうか、とか。僕は勝手に夢を膨らましていたりするのですが、そういうのはないんでしょうかね。

科学が人の便利さを満たして来た時代から、科学が安心して暮らしていける社会を作る時代へ変わって行くような気がします。


自分のブログに書けばいいんだけどね〜。
まぁ、良いではないか。
Posted by 妄想会会長 at 2009年11月26日 07:57
そういうのは、あります!
特に私のやっているのは光合成細菌というやつで、植物などと比べてより原始的な簡単な方法で光合成をしている。なので研究上よく、光合成の進化という話が絡んできます。どうやって生物は(酸素を発生する)光合成が出来るようになったか。それが現在の地球の大気環境に寄与したわけですから。宇宙に飛び出していく発想はサイコー!!
Posted by つか at 2009年11月26日 13:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。