2009年10月31日

学会(2) 若手の会

微生物生態学会は、それほど巨大な学会ではないのですが、小さくもなく、ほどよい規模の学会だと思いました。そこでは、正規の年会が始まる前夜に「若手の会」なるものがあり、参加しました(正確には「若手交流会」でしたかね)。数名のゲストスピーカーによる発表+懇親会というものでした。主に若手研究者の親睦が目的とあって、その後の飲み会は大いに盛りあがりました。とてもよいイベントだと思いました。

年輩の教授達同士はかれこれ数十年の付き合いでしょうが、若手研究者同士はお互いに知り合いであることそうは多くありません。しかし、教授達と同じ数かそれ以上の大学院生やポスドクが、彼らのラボで実際に実験をして研究を進めているわけです。現場の若者同士で交流を深めるのはとても良いことです。我々若手研究者も、共同研究などを通して今後数十年の付き合いになる可能性は高いです。早いうちに知り合っておいたほうが、今後の研究生活の発展などを考えても良いでしょう。何より、年輩の先生陣を抜きにして若者同士で飲めるというのが良いではないですか。博士課程の大学院生やポスドクは、早急な成果が必要でありストレスも多く、とかく挫けがちです。同じ境遇の人たちと多くを語り合って刺激を与え合うのはとっても良いことです。

もっと言うと、現場の若手研究者レベルで共同研究の芽が出てくるという事も期待できます。しかし実際にそういう話になってもボスである教授達は良い顔をしないでしょうから、実際に行動に移すかどうかは別問題かもしれません。しかしそういう機会があるのは間違いなく良い事でしょう。

この「若手の会」をやるには中くらいの規模の学会がちょうどよいと思いました。規模が大きすぎるとサークルの飲み会のようになってしまって、研究(仕事)でつながっているという側面が薄れると思うので。もしくは逆に、シンポジウム部分が真剣になりすぎるきらいがあるかもしれません。植物生理学会でも実は若手の会があるようですが、私は最近になって存在を知りました。どういう感じなのか今度行ってみようかと思いますが、次に日本の学会に参加できるのはいつになることやら。。





posted by つか at 21:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
光合成学会(旧研究会)で、若手の会が今年から、立ち上がりましたよ〜
Posted by YAMりょう at 2009年11月02日 11:06
知っとるで。

こないだのは参加しましたか?どうでしたか?
なかなかに盛況だったと複数から聞いております。俺も参加してみたかったです。
Posted by つか at 2009年11月03日 00:59
参加しましたよ。
学生とかルーキーが、素直な疑問を質問できるいい会でしたね。

普通の国内学会は最近、質問時間なんてほとんどないので。
Posted by YAMりょう at 2009年11月04日 15:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131733664

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。