2009年10月15日

なんじゃそりゃ、って何でもありかい。

この国で暮らしていると、「なんじゃそら」と、「何でもありか!」という事によく遭遇します。

例のケーブルテレビ・インターネットの会社にまた連絡したときの話。

今度は電話ではなくて、チャットで係の人とコンタクトしました。

事の始まりは、今月分の請求書の金額がいつもより高くなっていたこと。

詳しく言うと、高速インターネットに毎月$33払っているのだが、今月の請求が$42.95となっていた。

チャットでオペレーターに事情を告げると、「あらごめんなさい。今すぐ調べるわ」という軽快なノリの後、「月額$33というのは6ヶ月間の割引レートなので、今月から通常料金に戻ります。」とのこと。

6ヶ月? 確かにこれが割引料金だったことは思い出してきたが、去年の夏からずーとこの値段なのだけど?? 約14ヶ月も。

と伝えると、「今年の3月から割引適用されたことになっているので、6ヶ月です」とのこと。何じゃそりゃ。

まぁよい。本来よりも長い期間割引されていたのだから文句もない。

頭を切り換えて、なんか他にキャンペーン料金ないのー?と質問してみる。

「調べてみるからちょっと待ってちょうだい」

と言われ、かなり待たされる。ご丁寧に2分おきに「あと2分待ってね」の文字が並ぶ。。

10分ほど待たされたので、どうやら本気で探してくれているらしい。

そして最後に、「月額$19.99、6ヶ月間のキャンペーン料金を適用しといたわ」とのこと。

おーぃ。やったー。何でもありかー。前より安くなったー。言ってみるもんだー。

……

確か、前にCMで見たけど、$19.99って新規で申し込む人用のキャンペーンでは…?

仕事のできる係員でよかった。。


聞くところによると、水道代や電気代も事務所に行って交渉すれば安くなったりするらしい。嘘かまことか分かりませんが、もし生活に困窮したら試してみる価値はあるかもと密かに思っていますが果たして… 



posted by つか at 14:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おなじような体験ありま〜す!

3ヶ月の短期滞在で来る人のために、
大学のアパートを借りるときのこと、

僕:「短期滞在なんだけど、アパート1室(家具付き)でいくら?
職員:「890 USD/月です。」
との回答。

いったん電話を切る。
そんなに新しいアパートでもないのに高いな、、、と思って、安くならないの?と交渉したら、

職員:「じゃあ、長期滞在用ってことにする?」
僕:「え?そんなことできるの?」
職員:「長期滞在のフリしておけばいいんだよ。で、入居してから、『長期のつもりだったけど諸事情で1月後に出ないといけなくなった』とでも言えばいんだよ」
僕:「・・・。で、長期滞在用だといくら?」
職員:「640 USD/月。安いよね。」

まさにそんなんありか〜?という世界でした。じゃあ、はじめからそっちを勧めてよ、、、。と。

他にも、学内のバスで、最初、IDカードがなかったころに、料金払おうとすると、「いらん、いらん」という運転手さん、、、とかね(笑い)。
Posted by きゆで at 2009年10月15日 23:04
$640は安いな・・・
俺が住みたいな。
バスは結構ね。うちは1回1.25ドルで、お釣りは出ませんというシステムなんだけど、小銭持ってないひとが乗ってくると、「もう1ドルでいいわよ!乗りな!」みたいな光景をたまに見る。




Posted by つか at 2009年10月16日 07:29
ほんまなんじゃいそりゃ?!ですね。

いつも、テレビとネット合わせて、100ドル以上払っているのに。。。

ちょっと言ってみるか。
Posted by 妄想会会長 at 2009年10月17日 07:06
それは絶対に言ったほうがよろしあるよ。100ドルは高いよ。High-definition or Premier会員みたいなのになっているのでは?スタンダードのやつで充分なら調べてみるよろし。
Posted by つか at 2009年10月17日 08:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130319892

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。