2009年09月17日

大学の学長

新学期も始まり、キャンパスにはどっかりと大量の学生が戻ってきました。夏休み中は、ひとけのないキャンパスにたくさんのリスやウサギが我がもの顔で活動していました。学生が帰ってきたらどこかの木陰に隠れるのかと思っていたら、案の定いまだに我がもの顔で振る舞っています。。

9月からの新学年の始まりに際して、学長から今年度の施政方針演説(年頭演説)がメールで回覧されてきました。以下のサイトから動画も見られます。
http://president.psu.edu/sou/articles/sou2009.html

この人物は、かれこれ15年もペン・ステートの学長をやっています。学長の仕事というのは主に、お金を調達してくる事なのだそうですが、彼は毎年かなりの金額を取ってきているらしいです。やることやっているのだから誰も文句は無いのでしょう。何年間学長をやっていようが。

彼の、七三とも何ともいえない(九一か?)髪型は、初めはきもちわるいと思ったものですが、見慣れてくるととても普通に思えるので不思議なものです。。

posted by つか at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国留学(研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128235538

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。