2009年09月04日

カタカナキライ

しばらくの間、更新しないでいたので、例のごとく軽めのやつを。。

『Googleマップの世界地図、海外地名がカタカナ表記に』
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/28/news060.html

まさに、Googleマップがカタカナ表記に対応を始めた日に、たまたまGoogleマップを使っていて、「知らなかった! google.co.jpから行けばカタカナ表記になっていたんだ! しかも都市部のみ??」と思ってしまいました。。たまたま都市部の地図を調べていたので。。ちょうどその日(?)からサービス開始だったようで。

わたしはカタカナ撲滅派なので、あまり賛成ではないです。カタカナにしたとたんに、もともとの言葉の音がなくなってしまうので。。和製英語というかカタカナ単語には苦労させられました、こちらに来てから。

かといって、メールなどの文章中に、日本語の中にEnglishのスペルが混じっていると読みにくいのは事実で。。

功罪ですね。


ちなみに関係ないですが、わたしはなぜか「スクリーン」という単語がスッと出てきません。以前に研究室の同僚と喋っているときに、思いっきり、「がめーん」と日本語を発したことがあります。。

道路とRoadもヤバイ。

「16S RNA」は、本当にヤバイ。。いつも、「じゅ・・」って言いそうになります。

ほんとうにカタカナとは関係ない話になってしまいましたね、はい。


ちなみに、、わたしはいつの頃からか調べものをするときはgoogle.com(英語版)を使うようにしています。やはり検索の成果が格段に違うと思いますので。


posted by つか at 13:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国名とかすごいっすよね。
イギリスはイングランドから、オランダはホーランドから来てるんだろうけど、どっちも、なんでそう聞こえたんだろう?っていう表記っすよね。
しかも、両方とも正式な国名とは違いますしねぇ。

あと、酵素の、〜ナーゼもイヤですよね。
〜ネースで統一するのも日本だとそれはそれで面倒臭いですけど。
Posted by なり at 2009年09月08日 11:31
以前も書きましたが、わたしはGermanyのことをドイチェと連呼していました。。

サイエンスに関する用語は、原語読みにしたほうが絶対によいとわたしは思っています。自分の殻だけに閉じこもって誰とも交わらずに研究をしたいひとは別ですが。。
マグニィージウムとか、クロマトォーグラフィとか、法則性がなんとなく分かれば楽なんですけどね。
Posted by つか at 2009年09月08日 13:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127271178

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。