2009年07月12日

アメリカで暮らすのに向いているひと

<アメリカで暮らすのに向いているひと>を思いつくままに書き綴ってみました。。


ポジティブシンキングである

人間は不完全な生き物だと思っている

他人には多くを期待しない

楽観的である

何事も準備は入念だ

しかしその結果、失敗してもくよくよしない

周りから浮いていると感じることがある

KYである

ものごとを俯瞰するたちである

未知のことに挑戦するのが大好きだ

テンションが高い

奇天烈である

電車やバスの中で大声で話したい

パジャマのような格好で大学に通えたら楽だと思う

どうしても外国人とつきあいたい(または結婚したい)

あまのじゃくである

我が強い、とひとに言われる

壁を乗り越えられる

どうしても博士号を取りたいが大学院にいくお金が無い

将来的に海外で就職したいと思っている

人生はいつも新発見の連続だ

後悔したことがあまりない

人生に達観している

仕事はきっちりやっているのだから残業はしたくない

合理的である

ものごとを論理的に考えるたちだ

やりたい仕事が海外にある

日曜大工が趣味である

メジャーリーグにはまっている

なぜか英語が喋れる

旅行が大好きだ

広い家に住みたい


なんか途中から、おかしくなっている気もしますが・・・、そのあたりお気になされず。。


勢いにのってもうすこし。


<向かないひと>

物事がうまくいかないとくよくよしてしまう

一人で悩みを抱えてしまうたちだ

友達をつくるのが苦手だ

ホームシックになったことがある

食にはうるさいが料理はできない

失敗をひとのせいにする

西海岸、という響きがいいと思う

左ハンドルに憧れている

人生に箔をつけたい

自分のキャリアアップのために海外で働くことが必要である

新しい土地で心機一転がんばりたいと思っている

性格の合わないひとには関わりたくない

週一ですき家の牛丼が食べたい

日本には何十年と住んだので、もういいかな

好きなスポーツがひとつもない

日本にいたほうがメリットが多い

現状にすぐに満足してしまう

ひとの人生と自分の人生を比べてしまう

なんとなく生きている


ちなみに、<向かない>バージョンに多少あてはまるひとでも、アメリカで成功を収めている場合も多数あるかと思いますので、そのあたりはお気になさらず。。


posted by つか at 23:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、おもろい。

そして、なるほど〜って思えるよ。

つかちゃん、本でも出してみたら?
Posted by きゆで at 2009年07月13日 00:16
向かない人の条件に割りと当てはまります。

やっぱり向かないんだな、俺。


向いてる人にも、あまり当てはまらなかったし・・・。


首のほうだけ、お大事に・・・。
Posted by 妄想会会長 at 2009年07月13日 12:40
わたしもむいてないかなー。
でもステートカレッジという町はアメリカにはあてはまらないような気がします。
ステートカレッジなら、住んでもいいかも。
Posted by ふぐ at 2009年07月13日 22:01
私は、アメリカに向かないと思ってたんですが、

(向いている人)に、約3/4も該当し、
(向いていない人)に、約1/3、該当しました。

ということは、向いているのかなー。うーん、どっちなんだろう。
思い出すと、前任者が海外で働くための研修を受けた後、私に、
「君みたいなのは、本当にアメリカ向きだ。そのマイペースっぷりと我の強さが。」と言われました。

あとですね、来年、日本に帰るよりは、アメリカに居たいですね。(ただし、ステカレは、もう満腹、という感じです。)

私は、この国の、いい意味での適当さ加減や、頑張っている者・成功した者に、素直にリスペクトを示す姿勢が好きです。あと、人生をエンジョイしてるっぷりが。

日本って、
人生エンジョイしてる→ろくに働かず遊んでいるだけ、と認識する風潮があるのが、嫌ですね。もちろん、アメリカよりも良い所あるんだけど。。。


ちょっと、話が脱線してしまいました。。。

首のほう、お大事に×2

Posted by まづ at 2009年07月14日 02:48
みなさん、どうも 

>きゆでさん
え〜、まじっすか〜(その気になってみました。)

>会長
そうなん。意外だけど。

>ふぐさん
痛いところをつくねー。
アメリカの他の都市部に住んでいるひとのブログを読んだりこの2年間で感じたことを総合的に考えてみた結果です。

>まづさん
あんたは向いてるよ。きっぱり。むしろもっと言葉が通じない地域に行ったほうが君のペースに引き込めるのではないかい。

私は、この国の、いい意味での適当さ加減や、頑張っている者・成功した者に、素直にリスペクトを示す姿勢が好きです。あと、人生をエンジョイしてるっぷりが。
→まったく同感です。
Posted by つか at 2009年07月19日 04:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123372408

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。