2009年05月23日

必要あらば専門家に聞く

博士号を持った人間がわざわざ政治家になる必要はないのだった。
政策立案者が、科学的な意見を聞きたいときは、きちんと科学者に意見を求めればよいのだった。そのような仕組みがあればよい。

学部内に転送されてきたメール(下に載せてます)に、後頭部をガーンと打たれた感じ。

政策立案の場に科学者として参加しませんか、というプログラム。1年間。博士号取得見込みでも応募可と明記してあることや、給料額から考えて若手研究者が主な対象と思われる。。すごい。

感動した!!

-------------
*Subject: *California Fellowship Program

* *

The California Council on Science and Technology has established a new
program of Science and Technology Policy Fellowships for PhD scientists
and engineers to serve as Fellows to provide the California State
Legislature with scientific and technical advice; an announcement of the
program is attached. The fellowships will provide those looking for a
professional development opportunity to incorporate science and
technology into public policy while assisting the California State
legislature to receive critical, unbiased scientific and technological
input on issues it is dealing with.


_The deadline for applications for the 2009-2010 program is noon PDT May
29_. _Additional information and application materials are available at
*fellows.ccst.us*_.


I apologize for the late notice, but encourage you to distribute this
notice to PhD recipients (including those who expect to receive a PhD by
September 1) who may be interested in such an opportunity.


Thanks

-------------------

posted by つか at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
個人的にアメリカは(overallでは)好きではありませんが、アメリカのアカデミアとそれに対する敬意 流動性、柔軟性、Ph.D holdersを受け入れる社会のあり方、実力主義社会などに関してはアメリカが大好きです。(こう挙げてみると結構ありますね笑) これらを考慮した際に、他国籍研究者のアメリカ定住率が高いのも分かる気がします。

今までの研究室のボスのほとんどが中国人なのですが、彼らも”中国は大好きだ。けれど、どうしても生活のquality,job position, salary, research quality,その他のしがらみを考慮すると国には帰れない”と言ってました。

日本も少しずつ変わってほしいな・・・と思いますが、すぐには変わらないのが現状ですよね。 残念で仕方ないです。
Posted by Bulldog at 2009年05月26日 04:30
私も少し前まで、アメリカと日本のアカデミアのあり様の違いを目の当たりにしては呆然としたものですが、最近思うのはアメリカも変わってきた結果こうなったのだということです。最初からこうだったわけではない、と。だから日本も(だいぶ他国に先を行かれちゃったけど)すぐには無理だけどこれから良くなっていってもらいたいと思っています。前向きに。

中国人ボスの言っていることを僕もよく思います。んが、だからと言ってこの国にずっと残れるほど業績を出せていないのでゆくゆくは日本に帰るのだろうなぁと思っています。いやはや…
Posted by つか at 2009年05月26日 06:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120038337

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。