2009年03月02日

歯と目の保険

日本という国は、国民皆保険制なので健康保険に加入するのが義務ですが、アメリカという国は、健康保険は自由です。入らなくてもいい。でも入らないと、医療費がアホみたいに高い。この保険制度をついに変えるのか!?というのが大統領選の争点の1つでしたね。

ポスドクの場合、大学が用意している保険プランに加入するか、「JALファミリークラブ海外赴任者総合保険」のような日本の保険会社が用意しているものに渡米前に加入してからくる、というパターンがあると思います。私はJALファミリークラブの保険に入っています。ペンステート大に雇われているわけではないので、何となく、そうしました(来てから知ったが別に給料がどこから出ていようと大学の保険プランには入れたらしい。でも従業員じゃないと値段が高いらしい)。来年の4月からは大学の保険プランに入るつもりです。


「JALファミリークラブ…」の場合でも大学の保険の場合でも、Dental(歯)とVision(目)は適用外なので、これらは個々に保険に入ります。と言っても、歯と目を合わせて月17ドルくらいなのでまぁ安いもんです。

これらの保険代金は、通常であれば給料から天引きですが、私は今のところペンステート大から給料をもらっているわけではありません。

一昨年の夏にアメリカにやって来てすぐに、忘れないうちに歯と目の保険に入れたし、保険加入者証のような書類も届いたので安心していたのですが、保険代の請求に関して全く何の音沙汰もありませんでした。

そして、渡米から半年ほど経ったころ、「あなたの保険代金を請求するのを忘れていた」というメールが……、、。

「これからは請求書をちゃんと送るので小切手をいれて返送してね」、とのこと。。

いやはや。 ほとんどの人が給料天引きなので、つい忘れてしまうのは何となく理解できなくはないが。

当然のことながら、「過去半年分の保険料を請求するような事はしませんが、ちゃんとあなたは保険に加入できていたので安心してください」、とのこと。 保険とは、“未来”に対してお金を払うものですから、健康であった過去に対して金を払えとたとえ言われても無理なはなしですがね。。もし医者にかかっていたら、その時点で未納が発覚して、保険代を払い始めることになったのでしょうから、健康であった自分を喜びたいと思います。100ドルくらい得をしました。

それ以来、請求はいつもメール(の添付ファイル)で来ます。。



-----------------------

日本滞在を楽しんでいるうちに、ブログ開設から2歳の誕生日を迎えていました。

おめでとう。

自分でお祝いしておきました。

どうもありがとう。。

posted by つか at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本にかえる機会があるひとはそのときになおすのが一番ですよね。
っていいながら、親知らずは時間がかかるのでアメリカでぬかざるをえませんでした。
Posted by ふぐ at 2009年03月03日 20:45
どっちでもいいならアメリカで直したほうがcopaymentなどの支払いは安く済むのでは。どうせどこに居ようと保険は払っているわけだから。
でも、緊急性が無い疾患ならわざわざ英語の病院に行こうとは思わないよな。
Posted by つか at 2009年03月04日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115051449

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。