2008年10月04日

MATSUZAKA 2年目プレーオフ地区シリーズ

大リーグ、プレーオフ地区シリーズ第2戦(対ロサンゼルス・エンゼルス)、松坂が登板中。 日本時間でも土曜のお昼だから観ている人も多いのではないでしょうか。

今年の松坂は、なんとなく、見ていて安心。日本で投げていたころのような安定感が戻っていますね。

ストレートで空振りがとれるのがいい。たまにストレートがひっかかって大きくはずれるのが気になりますが。

アナウンサーの、マツザーカという発音も去年に比べるとかなりよくなっているような。。

首の汗を触ってから、ボールをこねて湿らせる作業はいまでも継続しているみたいです(去年の記事参照)。特にランナーを出した場面では念入りにこねてます。


初回に味方打線に4点のリードを奪ってもらったおかげで、かなりテンポよく投げています。しかしエンゼルスもシーズン100勝したチームだけあってかなりねばります。5回にねばられこの回だけで30球以上投げた松坂は、ちょうど球数が100球を超えたこともあり、5回3失点で降板。

6回からは岡島にマウンドを譲ります。

松坂はピンチになっても何とか抑えてくれそうな安心感があったけど、岡島もなかなか堂々としたマウンド捌きで安心感があります。

しかし岡島は、7回続投するも、ノーアウトで2人のランナーを出したところで降板。 やはりエンゼルスも粘ります。

-----------------------

結局、8回裏についにエンゼルスが同点に追いつくも、9回表にJDドリューの2ランホームランにより、レッドソックスの勝利。

これでエンゼルスは、プレーオフの対レッドソックスの対戦成績が11連敗となりました。

いくらシーズンで調子がよくても、プレーオフは別物。なんとなく数年前の阪神対ロッテの日本シリーズを思い出して、あのいやーな気分がよみがえりました。。 今年は粘っこい試合をして欲しいなぁ… 

posted by つか at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107581729

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。