2008年06月13日

EURO2008

サッカーの欧州選手権。私の中ではワールドカップよりも数々の思い出深い試合、忘れられないスーパーゴールがたくさんあります。

現地では夕方から夜に2試合やっているようですが、アメリカ東部時間だと昼の12時と2時45分のキックオフです。
なので平日は録画をして観るしかありません。インターネットを使えばほぼリアルタイムでラボでも観られますが、さすがにボスの目があるのでそれはできません。(ほぼ研究室に住んでいるY君は中国語の裏サイトで毎日観ていますが。。ポルトガル戦のときはちょうどボスが不在だったのでP氏も観ていた。。そうそう、P氏は松葉杖をつきながら現場復帰しました。)

全試合録画しても多分みるひまがないのでしてませんが、今日は死のC組(英語でもGroup Deathというみたい)なので録画をしました。アパートにケーブルTVがはいっているので、スカパーなど加入しなくても観られるのが素晴らしいです。

C組第2戦
イタリアールーマニア

オランダーフランス
気になったこと;
リペリーが激うま
スナイダーとファンニステルローイが鬼うま
ファンブロンクホルストはいぶし銀
ロッベンをスーパーサブ的に使うのはイケテる(なんて贅沢な使い方だ)
ようするにフランスはリベリー以外があんまりで、オランダはタレントが豊富でしかも噛み合っていた。
この試合の中盤のプレッシャーはすごかった。よく平気な顔してパスが回せるな〜と思った。

posted by つか at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本では,真夜中の試合なので
やっぱり録画して見てます。
なかなか自分の時間が作れないけど。。

たしかに,あのプレッシャーはすごい。
にもかかわらず,なんて早さでパスを回すんだと思った。

あれぐらい,とは言わないが
自分たちの試合でももうちょっと
パスが回ると楽なんだろうな〜

そのまえに,トラップとパスの練習が必要か。。
Posted by とび at 2008年06月18日 23:32
あれぐらい回してみたいな〜と思ったね。やっぱり。無理だけど。。

リベリーのトラップは何かすごい独特だった。足元だけ拡大して見てみたいと思う。

Posted by つか at 2008年06月19日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。