2012年06月24日

TOEICを受けた理由



3月にTOEICを受けました。

TOEICについては賛否ありますがまぁそれは置いておいて、自分の4年間の米国滞在(で得た英語力)が、とにかく数値化されてしまうわけです。
いや、自分から望んでそうしたわけなのですが。


結果は、930点でした。

結構うれしいです。



受験する前に、「こんどTOEICを受けることにした」と周囲に話すと、

「えぇっっ、なんで?」という顔をされることが何回かありました。


おそらくそのリアクションの裏には次のような疑問が潜んでいるのだと思います。


・アカデミアに進むのにTOEICの点数なんていらんやん??

・もしかしてアカデミアをあきらめて民間企業に就職するつもり??


まぁなんといいますか、「あきらめて」というわけではないですが、企業で働くことも考えてないわけではありません。そんなの当たり前です。アカデミアにいくことを120%満タンで考えてていいのは博士号取ってから2年以内くらいじゃないでしょうかね。

まぁとにかく自分の現時点での英語力を客観的に評価されたかったというのがメインの理由です。

とはいっても、TOEICは、リスニングとリーディングの試験なので、スピーキングとライティングは分かりませんが。(ちなみに最近TOEICは、TOEIC SWテストというのを押しているようですな)。



posted by つか at 22:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。