2011年08月11日

何年ぶりかの英語に関する雑記



夏場、喉がカラカラのときに冷えたビールをぐっと飲むと、喉が「パカッ」と開きます。あーたまらん。

英語のヒアリングに関しては、ある時突然耳がパカッと開いて、英語が聞き取れるようになる、  なんてことはもちろんありません。

しかしアメリカ滞在3年目が終わろうとしている頃だったか(よくは覚えていないのですが)、アレなんかもしかして英語のヒアリング能力が一段上にいっているのではないかと気づき始めました。長く住んでいるおかげでそれなりに英語能力はアップしたようです。


ちょうどアメリカに渡る前にこんなブログを引用しました。それによると:

-------
こちらに住んでいる日本人を見ると、アメリカに住み始めて「1年目」で、その後何年(または何十年)住んで上達するレベルの7−8割に到達してしまっている感強し。(あくまで主観的判断で)。 1年過ぎたあとに、それまでと異なる斬新な勉強法を取り入れれば話は別ですが、普通は最初の1−2年が勝負って感じかと。このあたりで上達しないと、諦めちゃうというのもあるかも。
-------


結論から言うと、私の英語は3年目から4年目にかけてかなり上達した感があります。ですので、最初の1-2年でほとんど上達しなかったからといって気にする必要はないかと思われます。


個人的な見解では、ポスドクで渡米してきた場合、環境にもよりますが、そんなにすぐに渡米直後から上達するほうが稀ではないかなと思っています。

ポスドクは、どうやって研究すればいいかを既に知っているし、特にいったん実験が軌道に乗ったら誰かから教わらなくてもやっていける。言い換えれば、黙々と仕事をこなしていくような日々が続くこともあるわけで、英語を話す機会は大学院生や学部生よりも少ないでしょう。

大学院生は、特に最初の1−2年は授業をとらなければいけないし、TAをやらなければいけないし、いやでも英語を上達させなければならない。しかも、これからPhD(博士号)をアメリカで取ろうというのだから、モチベーションが違う。

というわけで、ポスドクの場合、ゆるやかな英語成長曲線を描くのではないか、という結論です。。。

それと、
2,3年と経つに連れて、当たり前ですがラボのメンバーや色んな人と仲が良くなっていくので、どうでもいい世間話もするようになるので、それも関係しているかも。(日本人以外で)「友達」と呼べるひとがいるかどうかで、違ってくると思います。英語を話すのはそれなりにエネルギーがいるので。

それと、
私は3年目以降に、それまでやっていなかったカンバセーション・パートナーなどの新しいことを始めるなど、上達が停滞しないように気を付けました。


英語の上達がある一定期間で「頭打ち」になるというのも私は懐疑的で、接している限り、緩やかに成長していくものと思います。ただ脳みそがおっさん化してノロくなってきているだけでしょうかね。。。

日本に帰ったら一瞬で英語を忘れるんだろうと想像してます。オッサンおそるべし。




posted by つか at 08:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

日本のパスポート申請



海外で日本のパスポートを申請する場合も、基本的には申請時と受領時の2回領事館にいかないといけません。ペンシルバニア州の居住者はニューヨーク総領事館の管轄になります。しかし、ニューヨークは(近いようで)遠いので、ペンシルバニア州居住者は遠隔地仮申請制度というのを利用することができます。これにより、(仮)申請は郵送で行えるので、受領時のみ領事館にいけばよいことになります。

詳しくはこちら
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/a/08.html

さらに、年2回行われている1日領事館出張サービス↓
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/h/1day_ryouji.html
というのがあるので、ピッツバーグに出張領事館サービスが来るときを見計らって申請し、パスポート受領をピッツバーグで済ませました。

ニューヨークまで4時間ドライブのところを、ピッツバーグまでの2時間ドライブで済ませました。乳幼児を連れてのロングドライブは初めてだったので、2時間短縮できるのは大きいです。


申請には戸籍謄(抄)本が必要になります。日本の戸籍に出生が反映されるのに数ヶ月かかります。子供がうまれてからすぐに日本に完全帰国するような場合は、戸籍謄本が間に合わないことが明白なので、特別な書類を領事館から発行してもらい、それをもって帰国(日本入国)することができるそうです。詳しくは領事館に電話して聞いてみてください、色々教えてくれます。


--<訂正>--以下は、「出生届」を出したときの話でした。失礼しました。

ちなみに、
出生証明書のかわりに医師の署名入りのレターでもいいことになっていますが、この場合は赤ん坊をまさに取り上げた医師でないといけないとのこと。(んなこと言ったって取り上げた後さっさとどっか行ってもたし、当日はそれどころではない・・・。病院のNotary publicでサインをもらった書類を送ったのにそれではダメだとのこと。まさに日本のお役所的。Notaryを何やと思っとるねん。)

出生証明書は返却してくれるので、はじめから出生証明書を使えばよい(使えばよかった)と思います。返却してもらう用に切手を貼付した封筒を同封するのを忘れずに。私は忘れた。というか返却されるとは思ってなかった。(なので合計3回も書類を領事館に送った。最初から出生証明書を新たにもう1通申請−10ドルくらいで出来るらしい−したほうが早かった・・・)



posted by つか at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

良き友に囲まれ


昨日ついにR氏が次の土地へ向けて旅立った。いよいよ、大学院生のJa君を除いて、私がラボで最長老となってしまった。といってもほんの4年間ですが。いよいよラボでの態度もでかくなってきたし、これはちょうど去りどきですかな。

先週の土曜日に3年間住んだアパートを引き払いました。いまはボスの豪邸でK氏とルームシェア中です。

来週にはM氏のアパートへ。M氏がハワイ休暇から帰ってきた後は、ホテルに泊まる予定だったんですが、なんとR氏の好意により彼が住んでいた家(現在売り出し中)にステイできることになりました。

R氏はなんとポスドクのくせにローンを組んで家を買いました。(まぁ小さめの家ですが)。当時(4,5年前)は、まるで日本のバブル前のように、土地・住宅の値段が常に上昇中で、値段が下がるなんて事が将来あり得るなどとは誰も信じていないような雰囲気でした。中国人T氏も投機目的でカナダに家を買おうとしていました。日本のバブルの話をして、やめるように説得しましたが、その後彼は本当に買ったのだろうか。。。そして2年前に例のサブプライムローン・ショックが起きたのは言わずもがなです。。。

で、まぁ、まだ当分売れる気配もないので、そのR氏の空き家に2,3日くらいならステイしてもいいよ、とのこと。電気と水道も繋がったままなので。家具はなんもないですが。。

その後は、ニューヨークまで出て、ちょっと観光してから、JFK空港から帰国します。

いろいろ出たり入ったりで、最初は不安でしたが、予定が固まってしまえば、あとは流れにのっていくだけなので、まあなんとかやれそうです。(特にボスの豪邸が快適すぎて・・・)

ちなみにボスの家に1週間いることはわざわざボスには言ってないので、(だって今はK氏の家だし、)このブログを見ている関係者の方々はボスには余計なことを言わないようにお願いしますね! まぁ言えばよかったんですが、忙しくてタイミングを失ったわけです。



posted by つか at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。