2011年07月20日

アメリカのパスポート申請


11月に生まれた娘は、日本人でもありアメリカ人でもあるわけです。

ですので、アメリカのパスポートを申請しなければいけないわけです。


U.S. Department of Stateのパスポート申請に関するページはこちら
http://travel.state.gov/passport/get/minors/minors_834.html#step1minor
申請書(Form DS-11)はこちら
http://travel.state.gov/passport/forms/ds11/ds11_842.html


申請は郵便局でやります。ステイトカレッジにある郵便局は、予約が必要です。電話して予約をとります。しかし予約と言っても、予約時間にただ郵便局の窓口にいくだけなんですが。。。

申請に必要だったもの:
・写真(背景は白。デジカメ写真でもいいようですが、まだ娘の首もすわっていなかったのでWal-Martのスタジオが併設してある写真コーナーで撮ってもらいました。)
・出生証明書
・(両親の)パスポート
・(両親の)ドライバーズライセンス
・小切手
・記入したForm DS-11(母親の名前を書く欄は旧姓で。サインする欄は記入せず空けておく。)

この他に娘のソーシャルセキュリティカードや両親のDS-2019なども持参しましたが、使わなかったと記憶しております。でも一応持っていかれると安心かと思います。

パスポートは4,5週間後に届きました。当然ながら中身は見慣れないアメリカ人用のパスポートなわけで、いやぁこのひと本当にアメリカ人なんだなぁと、娘とパスポートを交互に見ながら改めて思いました。


posted by つか at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

アメリカの賃貸事情



アメリカのアパートというのは、1年契約が基本です。

なので、契約期間の途中に出て行く場合は、残りの期間を誰かにサブリース(つまり又貸し)するか、さもなくば残期間分の家賃を払わないといけません。

日本のように1ヶ月前までに大家さんor不動産屋に言っておけば、いつでも出て行けるような生やさしいもんではございません。

8月〜翌年7月の1年リースというのが最も多いパターンです。


で、私が住んでいるアパートも7月末で契約終了なんですが、8月末に帰国予定なので、8月中に住むところがない!という事態になっておりました。。。

「さすがに夏には日本に帰っとるだろう!」と契約を延長しなかったのが運の尽きか(1月頃の話)。。。

8月からの1年間、というのが基本なので、逆に8月だけ貸してくれるような物件もなく。どこも、1年じゃなきゃ貸さないという姿勢で。


と、困っていたらラボの連中がいろいろと手をさしのべてくれることになり、
8月の第1週はK氏の家(というかボスの家)
その後2週間はM氏のアパート(彼が2週間バケーションに行くため)
その後1週間くらいホテル?
という案配になりそう。

K氏はいまボス(=サバティカルでいない、でも8月中旬に帰ってくる)の豪邸に住んでいます。部屋が余っているので、そこにステイさせてもらうことになりました。その後タイミングよくM氏がハワイに休暇。しかも彼は8月から2 bedroomのアパートに引っ越すので、ハワイから帰ってくるまで、1つの部屋を使わずにそのままの状態にしておいてくれるとのこと。

もつべきものは友達です。

そんな感じでなんとかなりそうな、なっていないような夏です。(私もハワイに行きたい)


posted by つか at 06:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

ギャップ・イヤー


東大、秋入学に移行検討(日経新聞のリンクが切れたので、適当なtogetterのリンクを貼っています。


ツイッターでは冗談めかして書いてた事なんですが、まさか現実に起こるとは。やるな東大!(ほんとうに実行に移してもらいたい)

高校や中学はそのままでいいと思います。「ギャップ期間」を作るために、大学だけ秋にずれていればいいと思います。

春入学のままの大学があってもいい。卒業時期がごちゃごちゃの混ぜ混ぜのよくわからん感じでよいと思います。

大学を卒業したとたんに、判で押したように一斉に4月から新卒で入社するなんていう気持ちの悪い社会の慣習は、大学発でぶっつぶしてやろう。

「履歴書の穴」っていう言葉自体がくだらない。

--------
実は私もついに履歴書に穴があくかっていう状況になっていたりして、結構内心楽しみにしていたりもしたのですが、嫁も子供もいるしそれはまずいだろうということで、色んな人の助けもあり、秋から日本でポスドクをすることになりました。

脱サラならぬ脱ポスドクをして半年くらい瞑想にふけるか、もしくはお店でも開こうかと思ったりしたのですが、研究する以外に特にこれといった能力もないので、もう少し光合成の研究を続けることにします。

ということでもうすこし漂流は続きます。(異動にあわせてブログを変えるかどうか思案中。。。)


posted by つか at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。