2011年06月24日

ラボマネージャー(4)

ラボマネージャーが突如いなくなってしまうので、さぁ誰が後釜のラボマネになるのかというのが問題になります。

ということで、ラボマネ候補になりうる、ラボ内のポスドク陣容を整理。古株から順に。

R氏(アメリカ) 7月に去る予定
私(日本)    8月に去る予定
K氏(ドイツ)  12月頃には去りたい
Z氏(中国)   謎(英語がほぼ話せない)
M氏(ドイツ)  来年夏頃には去る事になっているがもっと居たい


まず、ラボ内の誰もが思うことが「K氏がいいんじゃないかな」ということ。彼は仕事は丁寧だし、親切で、機械に詳しく壊れたものとかを直せる。責任感も強く、まじめ。本人は当初英語にコンプレックスをもっていたが、はたからみたら全く問題なく、しかも数年前に中国人の彼女ができて一緒に住んでるし、毎日英語でコミュニケーションしとるがな。彼女はペンステートで講師をしているので、K氏がラボマネになってずっとこの街に住み続けることになっても全く問題ない。その事はボスも知っている。


ともかく、ラボマネージャーがボストンに行くことを決心したのが金曜日

(みんなの予想通り)ボスからK氏にラボマネ就任の打診があったのが翌週の火曜日

これをK氏がリジェクトしたのが水曜日・・・

えっ、なんでオファー受けなかったの?

いやぁ僕はやっぱりドイツに帰りたいから。

彼女はどうすんの?

実はつい数週間前に、一緒にドイツに帰ってもらうように説得に成功したところなんだ。

おぉー、そいつぁーよかったね。万歳万歳。頑張って仕事を見つけなきゃね。

・・・・・

それはなんともグッドニュース。しかし、さてラボマネはどうしよう。。。誰が物品注文すんのさ。。。

しょうがないので、7月までの暫定として、R氏がラボマネを兼務することに。いそいで旧ラボマネと一緒に事務方に挨拶にまわり、R氏名義のラボ用クレジットカードを作製した。

R氏はいままで5年間分の仕事を一気に論文3本に書いて投稿したばかりなので、もう7月までほとんど実験をする予定(つもり)がない。そういう意味では助かった。

しかしだよ、7月以降、誰が物品注文すんのさ。。。



posted by つか at 13:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 米国留学(研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。