2010年11月03日

アメリカ中間選挙

今日は、アメリカでは、大事な大事な中間選挙の日でした。ちょうど大統領の4年任期の真ん中にあたるわけです。(前回大統領選挙の記事を書いてからもう2年になるのか・・・月日がたつのは早いなー・・)

州ごと地方ごとに違うそうですが、R氏に選挙の投票用紙(のサンプル)を見せてもらいました。

マークシート方式でした。

上院やら下院やら州知事やら地方議員やら、選ぶ項目がたくさんありました。とはいっても、どの項目も、候補者が共和党と民主党から1人ずつなので選ぶのは楽かも。。

最も楽な方法は、マークシートの一番上に「共和党」もしくは「民主党」と書いてあるところがあって、もしそれを例えば「民主党」のマークを塗りつぶしたら、あとの項目ごとの候補者は塗りつぶす必要が無く、自動的にすべてについて民主党側の候補者に投票したことになるそうです。


州によっては日本のように名前を記入するところもあるらしいですがリベラリアンの候補者に投票したい場合は「その他」のところにマークして名前を記入することになるので、アラスカのようにリベラリアンが当選するような州ではほとんどマークシート方式は意味をなさないのですが、その場合もスペルミスがあってもだいたい誰に投票したか分かれば無効になることはないそうな。日本は未だにフルネームでちゃんとミスなく書かないと無効になってしまうのでしょうか?もう3年も日本を離れているので、さすがにそのあたりは投票者に優しく改定されているだろうと思っています。。先日隠密で(?)日本に短期帰国したときにちょうど参議院選挙の時期と重なっていて、新聞をちら読みした感じでは、だいぶんと投票者フレンドリーになっていると感じましたが。

さてさて、夜のニュースでは開票速報が始まっています。全議席改選の下院は間違いなく共和党が過半数をとる勢いで猛烈に議席を獲得しています。上院については、民主党に非改選分の持ち越しがかなりあるようなので、ちょっと面白くなりそうです。



posted by つか at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。