2010年04月26日

気づいたら実施する

信号が赤から青に変わるときって、大抵の場合、車用の信号とそれに並行な歩行者用の信号とが同時に青に変わりますよね。

ちょっとした事なんですが、(アメリカだけなのかは分かりませんが)こちらでは、先に歩行者用の信号が青に変わってから、その2〜3秒後に車用の信号が青に変わるような交差点が結構あります。

なので、車で左折や右折をしようとしたときにはすでに歩行者が横断を歩道を渡っている最中なので、必然的に交差点の中で待つことになります。

これをやれば、例えば歩行者がいるのに強引に左折してくるようなタクシーは無くなるのじゃないかと思います。これは、危機回避・事故回避としてはかなりいけてるんじゃないかと思います。

いやほんのちょっとしたことなんですが。どうなんでしょう。



posted by つか at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

次の着陸は

海外学振の応募書類と、あともう一つ日本での公募への書類を書いてます。
ついこのあいだ「あと2年はアメリカにいる」と高らかに宣言したにもかかわらず、もうすでに次の職をえるためのプロポーザルをせっせと書いたりしています。。。

いやまぁ、できるならばあと1年は実験に集中して、来年からぼちぼち次の(日本での)職を探し始める(そしてすぐ決まる)、というのが理想なのかもしれませんが、そんなことも言ってられません。もし2年目にすぐ決まらなければ焦りますよ、そりゃもう。ということで、公募があればどんどん出していこうという気持ちに切り替えました。どんどん出せばいいんねやー、という感じでしょうか。関西弁が上級すぎて余計伝わりにくいでしょうか。

posted by つか at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 米国留学(研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

Winscape

なんじゃこりゃーー、と思ってしまったので掲載。


謎解き部分を見て、そりゃそうか、というか納得というか、何というか複雑な気分。










posted by つか at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

フリックでiPhoneしてください

日本に帰っていたときに感じたのは、iPhoneへ乗り換えているひとが自分の身近なところだけでもものすごくたくさん居たことです。ドコモやauだった人までも。そういう人は番号ポータビリティ制度を使っているわけで、以前の番号に電話をかけてもつながるので良いのですが、メアドは変わっているわけで知らずにメールをすると「そんなアドレスはありません」という自動応答が返ってくるので、ちと悲しい。

で、せっかくiPhoneを使っているのに、フリック入力を使いこなしていない、もしくはフリック入力自体を知らない、というひとも多数いました。

なんと、iPhoneにしてから文字入力が面倒くさい、などという意見も。。

フリック入力は、(日本で)iPhoneにしたときのメリットの1つだと思うんですけどねぇ。。

ちょうどよい画像をみつけたので、これをみて触発されてください。








ちなみに私はいま猛烈にiPadを買おうかどうしようか悩んでいます。いや、きっと買うのでしょう。いや買わないかも。。




posted by つか at 12:14| Comment(4) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

帰国したのはどうしてか

アメリカに戻って、まだ時差ボケが抜けてませんが、日々の実験生活にはちゃんと立ち戻れました。

今回この時期に帰国した主な理由は、
・家族的行事に出席するため
・恩師の退官記念パーティーに出席するため
・ビザを更新するため
です。

本当は2月に帰るつもりでチケットも取ってたんですが、たまたま上記の最初の2つが同時期に重なったこともあったので、変更して3月に帰ることにしました。

ビザ取得は、これで3回目です。3回目にして新たに気付いたこともあったのですが、3月下旬から(私が更新した直後から)必要書類の様式が大幅に変わってしまったので、改めてここに書けるようなことはありません。あえていうなら、大使館の入り口で書類をチェックしてくれるキツイお姉さん達は、事務的なことをまくし立てて言いますが、よく聞いてみるとおかしなことを言っている場合も多々あるのでおかしいと思ったら断固戦うべし。私は彼女達が嫌いです。特に実害を被ったことはないんですが。

ビザも3枚目です。年々ビザ写真の顔が変わっていく(大きくなっていく)ような…

今回は、+2年分のビザを取得しました。ということは、私を雇うための研究プロジェクトがあと2年分残っているということです。基本的に、滞在中のスポンサーが誰なのか、がはっきりしないとビザは発給されないので。

だからと言って、あと2年分の給料が安泰かというと、実はそうでもなく。。このブログでも何度か書いていますが、現在ラボは人員が溢れかえっていて、言ってみれば5人乗りのボートに7,8人乗っているような状態です。2年を待たずして、おそらく1年後くらいに今のプロジェクトマネーはなくなるだろうと、少し前にボスに吐露されました。

というか、そういう柔軟な会計処理ができるのがすごいですな。(日本もそうなればいいのに、というおなじみの台詞は言わずもがな…)

もちろん、次のグラントが取るつもりでプロポーザルを書くけど、取れるかどうかは保証できない、とのこと。

そりゃそうだ。

自分がもし将来(本当に)研究室を主催する立場になったら、こういう時が辛いだろうなぁと思った。

もしみんな一生ここに居られるなら、こんな話をしなくて済むし、どんなにか素晴らしいだろう、とはボスの弁。

ま、そういう業界ですからね。自分がボスになるしかないかな。


posted by つか at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国留学(研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。