2010年02月22日

便利にステイトカレッジ

お友達のiPhoneアプリをみて驚愕してしまった・・

iPhoneを、いやとりあえずiPod Touchを買おうかなどと真剣に考えてしまった・・

でも、アプリでもあるならネットでも見られるはずだと思って調べたら、あった。


これ↓
CATABUS locator


2年前にこれがあったら、どんなにか良かったことか。。。

いまはもう車で通勤していますのよ、わたし。

あー恨めしや。

フットボールの試合がある週末とか、ほんとバスこないのよねー



posted by つか at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

Annapolis


5月の記事でも言っていましたが、前から行ってみたかったアナポリスという街へ行ってきました。

うちの街からはボルチモアまで行ってそこからさらに1時間ほど南東へ。約3.5時間くらいの距離です。



annapolis1.jpg


annapolis2.jpg




港町で、情緒があって、観光客もいっぱいいました。

わざわざ遠方から訪れるほどの観光地ではありませんが、東海岸の都市からぶらり週末に出かけるにはちょうどよいです。

海軍士官学校(US Naval Academy)があって、その敷地内も観光(見学?)できます。



annapolis3.pg.jpg


annapolis4.jpg


annapolis5.jpg
海から潜水艦がドーン、の銅像


annapolis6.jpg
夕暮れどきのアナポリス



ボルチモア郊外で一泊して、翌日はボルチモアのマクヘンリー要塞(アメリカ国歌ができたところ)と国立水族館をみてきました。水族館は家族連れがものすごいたくさんいて混んでましたが、楽しかったです。



posted by つか at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

謝辞

学術雑誌に投稿する論文の最後には「謝辞」という項目があって、共同研究として著者に名を連ねるほどではないけれども大なり小なり協力してくれた方々に感謝の意を述べます。

例えば、実験試料を分けてくれたり、機材を貸してくれたひとの名前を挙げて感謝する。研究に対する貴重な助言に対して感謝したり。どの省庁・政府団体からの研究資金によって研究がおこなわれたかについて言及したり、します。

一方で、学位を取るための博士論文における「謝辞」では、こういった事に加えて、もっと個人的な事柄についても感謝の気持ちを記します。これがそれぞれ個性があって面白いです。

例えば、経済的に支援してくれた両親に感謝(当然!)。学生結婚している人などは支えてくれた家族にも感謝。(会社を辞めて大学院に行きたいなどと言い出した自分を理解してくれた妻に感謝、などと書く人もいる!?) 去年卒業していったJo君はゲイなのだが、彼の博士学位論文ではちゃんと支えてくれた“パートナー”への謝意を記していた。

研究室の中で特にお世話になった方へは名前を挙げて感謝する。当然、教授(ボス)にも謝意を表明するけれども、その内容も人それぞれで面白い。例えば、研究上の的確なアドバイスにいつも助けられました、とか。いつも厳しい目で見守ってくれてありがとうございます、とか、くじけそうになったときにいつも励ましてくれたことを感謝します、とかとか。

私は、論文の謝辞には書かなかったけれども、大学院生だった頃に、「ちゃんと栄養のあるもんを食っとるのか!?」というメモとともに大量のインスタントラーメンを送ってきてくれた元ボスに感謝してます。

私は、アメリカにきてから今まで2回ほど挫けそうになったことがありますが、その度に今のボスからものすごい勢いでencourageされました。えっもしかして怒ってるんですかっていうくらいの激しい勢いで真剣に励まされました。もう博士号も取って、立派な研究者?(の卵?)となったわけで、学位論文を書く機会はもうないと思いますが、感謝してます。。



posted by つか at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

豪雪

金曜日の夜から土曜日にかけて、ものすごい、記録的な雪が降り積もりました。

足がはまると膝が見えなくなるくらいつもりました。

snow1.jpg

車のうえにもてんこもり。

snow2.jpg


メリーランドからペンシルベニア南部一帯にかけて、記録的な豪雪だったようです。ペン州中央部の我が街でも2フィート(=60センチくらい)近く積もりました。積雪の激しいとされていたワシントンDCなどはいったいどれほどすごかったのやら・・

アパートの駐車場は除雪車の入れるところは除雪してくれるので、普通の雪なら車の屋根につもった分だけ払い落としてさぁ出発という具合ですが、さすがに今回は車の前後左右にもたんまりと雪がたまっていたので、シャベルを使って本格的に除雪作業をするはめになりました。。普段やらないことなので楽しかったのですが、実際のところ。

大雪がふると分かっていた土曜日だったので、別にどこにいくという予定もなく、除雪だけして家に戻る、そんなひとが多かったような気がしました。みんな除雪完了しても車に乗ってどこかへ出かけるという風でもなかったので。


snow3.jpg


posted by つか at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

延長

あと2年アメリカにいることが決まりました。

具体的にいうと、先週ボスと一緒に学科のオフィスに行って、DS-2019(滞在許可証, ビザよりも重要)の期間をあと2年延長してもらうようにお願いしてきました。

2010年度と2011年度はアメリカに残ります。

2年目には次の(日本での)職を探し始めないといかんな〜と思います。そのころには34歳になっているわけで、もし公募に「35歳以下に限る」などと年齢制限があったりすると(最近はあまりそういうの見かけませんが)、結構やばい年齢になってきました。。あわわ

posted by つか at 01:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 米国留学(研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。