2009年07月05日

後日談。

あまり気乗りはしないが、改めて書くと言ってしまったので書きます。


(その後また一悶着あったのだが・・)しばらくして、彼女はごめんなさいと言って、彼女が扱っている細菌の培養のコツと培地組成のレシピを書いたコピーを持ってきた。私が必要だったのはまさにそれくらいだったので(彼女もそのあたりは分かっていたようだ)、あとは要点だけ軽く質問して引き継ぎは簡単に済ませた。

彼女がモンタナへ発つ前日に、ボスは彼女とlong conversationを持ったそうで(ローーング・カンバセーションといっていた)、聞くところによると彼女は旦那さんが入院したりと精神的にまいっていたのは本当だった。ボスも彼女には疲れているようすで、しばらく彼女のことは放っておこう時間が解決するさ、と言って笑っていた。私もLet it beだね、と言って二人で笑った(←初めてこんなフレーズを使った。もう二度と言うことはないかもしれない・・)。

そうして彼女は去っていった。

そんな感じでした。

posted by つか at 02:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。