2009年03月26日

人材サービスを利用する

つくばの研究所の厚生会館(ようするに大学生協のような建物)の廊下に貼ってあるポスターで知りました。

大学院生・ポストドクター・院卒社会人のための就職紹介サービス
http://d-f-s.biz/

大学院生・院卒社会人専用の就職サイト
http://www.acaric.jp/


アカリク、という名前はキャッチーだなぁと思いますが、実際にウェブサイトを見てみると、あまり良い感じの求人情報があるようには思えませんでした。
『「アカリク WEB」は修士、博士、ポスドク、大学院卒社会人のための就職、転職、求人情報サイトです。』
と書いてはいますが、う〜んという感じ。
例えば、「ポスドク」に対する求人を見てみると、半分くらいは理化学機器を扱う会社などで真面目に博士を欲しているようですが、あと半分くらいは学部卒でも博士でも何でもいいから人手が欲しいという感じの会社で、研究のけの字も見えてこないものでした。まあこれからに期待。

1つ目の、DFSというのは何となくよさそう。に見える。 博士号は取るけれどもアカデミアに残りたいわけじゃない、これまでの研究で経験したことを企業で活かしたいという人が、本当にそういう人を欲している企業とうまくマッチングするためには、こういうサービスを利用するのはひとつの手だと思います。

ただ、何とはなしに登録したらトントンと事が進んで就職先がきまった、というケースも起こるかもしれないので、自分が企業で働くという毎日のあり様を頭から煙がでるくらい想像してから登録するのがよろしいアルかと思います。
私はポスドク1年目のときは、ほとんど1年を通してこの「頭から煙がでるくらい想像する」という作業をしていました。結果として、もうすこしの間アカデミアで頑張る、という結論に達した訳なんですが…。

しかし就職紹介サービスの人たちは言うでしょう、
一人で悩むのもよいですが、まずは登録してもらって、我々との対話(コンサルティング)のなかで企業で働く自分の姿・自分が本当にやりたいことをより具体的にイメージしていってもらえれば、、そのためのサポートはできますよ。
市場での自分の価値を一度確かめてみてはいかが、、と。



(いやぁー、もうちょっとだけアカデミックでがんばると決めちゃったんで〜。。。。)


とにかく、利用できるものは利用する。ただし、後で後悔しないように。
posted by つか at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。