2009年03月27日

ノーベル賞から半年

以下は、昨年のノーベル賞発表のあとの、(たしか)毎日.jpでみつけた記事です。時間の経過とともにリンクが切れてしまったので、以下に転載したいと思います。

結構えぇこと書いてます。


-----------------------
社説ウオッチング:ノーベル賞ラッシュ 科学界の現状に懸念も
 ◇「効率や応用に偏るな」−−毎日
 ◇「思い切った投資を」−−朝日

「日本国民として、たとえようのない大きな喜びであった」
「これは、ある意味では早くも文化国家としての日本再建に絶望感を抱きはじめようとしていた日本国民に対する警告であり、大きな声援でもあった」

 1949年11月5日の毎日新聞社説は、日本人として初めて湯川秀樹博士へのノーベル賞受賞が決定したことを取り上げた。敗戦の傷跡がまだ深く残る「貧乏国日本」にとって、「紙と鉛筆さえあればすむ」理論物理学の分野での受賞は、「日本人に自信を与え、不必要な劣等感を払しょくさせる」とたたえた。そして「日本の学界にすぐれた学者が、今後続々と出ることをわれわれは期待したい」と締めくくった。

 それから59年。今年のノーベル賞は物理学賞に南部陽一郎、益川敏英、小林誠の3博士、化学賞に下村脩(おさむ)博士の受賞が決まった。2日連続で日本人4人というノーベル賞受賞ラッシュである。日本人の受賞者は計16人になり、「『高根の花』と思われてきたノーベル賞は身近なものとなった」(毎日社説)。各紙とも2日にわたり、この快挙を社説で取り上げた。それぞれの受賞をどうとらえたか。

 ◇基礎研究の重要性
 3博士の物理学賞受賞について毎日は、湯川博士以来、日本の「お家芸」とみなされてきた素粒子物理学が対象になったとして「日本の基礎科学の底力が改めて確認されただけではない。宇宙の成り立ちに深くかかわる成果であり、子供たちの科学への夢をはぐくむ効果もある」と評価した。

 朝日は「日本には理論物理の伝統がある。『紙と鉛筆』の科学だ。3人はその継承者といえよう」と位置づけた。読売も「知の伝統が生きた」、東京も「この分野でわが国が世界をリードしていることが内外に示された」と胸を張った。

 一方、下村博士の化学賞受賞について毎日は、対象の「光るたんぱく質」が「生物学や医学のさまざまな分野で欠かせない道具となり、現代の生命科学研究に革命をもたらした」と解説した。博士がオワンクラゲの発光現象の謎を突き止めようと地道に実験を繰り返し、数十万匹も捕獲したエピソードを紹介し、「知的好奇心と研究への情熱は並大抵ではない。その基礎研究が遺伝子工学と結びつき、応用へと発展した」と、基礎研究の重要性を強調した。

 日経は、下村博士が旧長崎医科大学出身で、ほとんどが旧帝大出身という日本人受賞者の中では異色だとして「地方大学を大いに元気づけよう」と記した。

 ◇若手の育成が急務
 しかし、受賞を喜んでいるだけでは社説の意義を果たし得ない。この機会をとらえ、今日の日本の科学分野における課題や、読み取るべき教訓を読者に提示することが社説に最も問われた点である。

 毎日は、基礎研究の重要性と対比する形で「日本の科学技術政策が経済偏重に向かっていると思われる」と懸念を示し、「政府は大学の研究にも効率や応用を求めている。しかし、第一級の発見は経済効果を第一に考える環境からは生まれないはずだ」とクギを刺した。さらに、今回の受賞が60〜70年代の業績に与えられたものであることを踏まえ、「現在の研究環境はノーベル賞に結びつく人材を育てるにふさわしいか。改めて考えたい」と問題提起した。

 この点は朝日も、独創的な研究は若いときに生み出されるとして「いま優秀な若手をいかに育て、優れた研究をどれだけ支援していくのか。それが日本の未来の科学力を左右する」と指摘した。日本の研究開発予算は欧米や中国と比べて見劣りし、「もっと思い切った投資がほしい」とも訴えた。日経も「若手研究者育成に力を注ぐことが重要だ」と力説した。

 読売は若者の理科離れに加え、「今、日本の若手研究者に異変が起きている」と、米国への留学生が5万人近くいた00年前後のピークから一昨年は約1万人減ったと指摘し、米国での厳しい競争に勝ち抜く能力を備えた研究者が減っていることを憂慮した。産経は「国民の科学技術離れが進み、ものづくりの分野においても基礎が揺らぎ始めている」とし、「今の大学や研究者育成のあり方では、将来が気がかりだ」と注文をつけた。

 東京は、南部、下村両博士が米国への「頭脳流出組」であることをとらえ、「日本人研究者が海外で活躍するのは歓迎だが、その理由が国内では自由に研究できないためであれば、研究体制を根本的に反省しなければならない」と促した。

 ◇43年前の教訓
 「日本にいては十分な研究ができないために、若い優秀な頭脳が、海外に『流出』する現象は最近目だった傾向である」。朝永振一郎博士が日本人2人目のノーベル賞受賞者に決まったことを受けた65年10月23日毎日社説はそう嘆き、研究環境整備の即時実行を求めた。今に通じる課題である。【論説委員・小泉敬太】

-----------------------

別に、自分のことを若い“優秀な”頭脳だとは微塵も思っていませんが、“流出”したくて自分から流出したのは確かです。

でも、もう少し長く流出しつづけるには、英語をもうちょっと頑張らないといかんなぁと思うわけで。。

posted by つか at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

人材サービスを利用する

つくばの研究所の厚生会館(ようするに大学生協のような建物)の廊下に貼ってあるポスターで知りました。

大学院生・ポストドクター・院卒社会人のための就職紹介サービス
http://d-f-s.biz/

大学院生・院卒社会人専用の就職サイト
http://www.acaric.jp/


アカリク、という名前はキャッチーだなぁと思いますが、実際にウェブサイトを見てみると、あまり良い感じの求人情報があるようには思えませんでした。
『「アカリク WEB」は修士、博士、ポスドク、大学院卒社会人のための就職、転職、求人情報サイトです。』
と書いてはいますが、う〜んという感じ。
例えば、「ポスドク」に対する求人を見てみると、半分くらいは理化学機器を扱う会社などで真面目に博士を欲しているようですが、あと半分くらいは学部卒でも博士でも何でもいいから人手が欲しいという感じの会社で、研究のけの字も見えてこないものでした。まあこれからに期待。

1つ目の、DFSというのは何となくよさそう。に見える。 博士号は取るけれどもアカデミアに残りたいわけじゃない、これまでの研究で経験したことを企業で活かしたいという人が、本当にそういう人を欲している企業とうまくマッチングするためには、こういうサービスを利用するのはひとつの手だと思います。

ただ、何とはなしに登録したらトントンと事が進んで就職先がきまった、というケースも起こるかもしれないので、自分が企業で働くという毎日のあり様を頭から煙がでるくらい想像してから登録するのがよろしいアルかと思います。
私はポスドク1年目のときは、ほとんど1年を通してこの「頭から煙がでるくらい想像する」という作業をしていました。結果として、もうすこしの間アカデミアで頑張る、という結論に達した訳なんですが…。

しかし就職紹介サービスの人たちは言うでしょう、
一人で悩むのもよいですが、まずは登録してもらって、我々との対話(コンサルティング)のなかで企業で働く自分の姿・自分が本当にやりたいことをより具体的にイメージしていってもらえれば、、そのためのサポートはできますよ。
市場での自分の価値を一度確かめてみてはいかが、、と。



(いやぁー、もうちょっとだけアカデミックでがんばると決めちゃったんで〜。。。。)


とにかく、利用できるものは利用する。ただし、後で後悔しないように。
posted by つか at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

メジャーを代表する選手、イチロー

日本滞在中、スポーツニュースはWBCに関する事が多いですね。特に今は。

キャンプという、言ってみればただの練習におよそ4万人もの観客が訪れていたわけです。たしかにそこに行きさえすれば、日本を代表する名プレーヤー達(+メジャーリーガーも)をいっぺんに見ることができるわけですから、すごいことです。宮崎でキャンプを張っていますので、自分が大分県あたりに住んでいたら間違いなく宮崎まで足を運んでいたことでしょう。 そんなわけでキャンプ中は、球場周辺は渋滞がすごいことになっていたそうです。

なんと言ってもイチローが見たいですね。彼を見ることが第一の目的で来ているファンもたくさんいることでしょう。本人もそのことをよく分かっているようで、連日気合いの入ったプレーを見せています。

イチローがどれほどすごい選手か、日本だけでなくメジャーリーグを代表する選手としてどれだけすごいかと言うと、それは去年のメジャーリーグ(MLB)開幕前にアメリカで流れていたテレビCMに見ることができます。

各チームのCMではなく、MLBとしてのテレビCMにイチローは出演していました。

出ていたのは、イチローの他に、ニューヨーク・ヤンキースのジーター(アメリカ代表のキャプテン)と、アトランタ・ブレーブスの選手(名前忘れた…)でした。ようするに、3本の指に入る、メジャーリーグを代表する選手として認識されているわけですね。すごいです。

今日も韓国戦。とにかく頑張れ〜

posted by つか at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

免許証更新(日本の)

アメリカに戻ったら、その間に日本の運転免許証が切れてしまうので、まだ免許の更新期間じゃないけれど、“更新期間前申請”というのをやってきました。

茨城県の場合、つくば中央警察署が運転免許センターに準ずる機関として機能しているらしく、(ちょっと疲れたけど)チャリでつくば警察署まで行けて、すぐに更新できたので良かったです。私はゴールドカードになったので、30分の優良運転者講習をその場で受けてすぐ交付してもらえましたが、ブルーカードの人は(2時間程度の講習を受けないといけないわけで)どういう扱いになるのか分かりません。

更新に必要だったもの
・免許証
・パスポート
・更新手数料2550円と講習料700円
(渡米直前の住所と違うところで更新をする場合は、住所変更に伴う書類が必要なようです。詳しくは下にリンクしたサイトをみてみてください)

交通安全協会に払う2000円(地域の安全振興などに使われるとのこと)は、「日本に居ないので、ちょっと…」と言って払うのを拒否したら、すんなり受け入れてくれました。使途が不明なのでいつも拒否しているのですが、たまにすごーく嫌な顔をされます。受付のおネエさんや、警察退職者と思われるおじさま達のお給料がそこから出ているのでしょうか、そうだとしたら彼らにとって深刻なのは分かりますが、とにかく使途が不明です。

つくば中央警察署で、期間前更新をするときの受付時間
平日8:30~10:00 もしくは13:00~14:30

13:40頃に受付を済ませたら、14時からの講習をすぐに受けられることになり、14:40にはニュー免許をゲットできていました。新しい免許証に写っている顔があまりにもプックプクなので、笑ってしまいました。。

参考にしたウェブサイト
http://www.npa.go.jp/koutsuu/license_renewal/living_abroad.htm#


posted by つか at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

懐の深さ

少し前の話ですが、財務金融担当大臣が酩酊した状態で記者会見をして、そのあと辞めましたね。

私のものすごく個人的な意見を言えば、彼を辞めさせてほしくなかった。

いまは100年に1度と言われる大不況のときです。

「酔っぱらった感じで記者会見をしちゃったけど、彼は財務に関する手腕はすごいから今辞めさせるわけにはいかないんだ」と言って欲しかった。(且つ実際にそのように手腕ある人物がこのような不景気下の大臣であって欲しかった。。)


経済が混迷しているときに、あんなに簡単に(?)財務大臣を辞任させることができるのだから、大した人物が担当していなかったと思われても不思議ではなく、世界各国の財政担当者から日本は相手にされなくなるのでは、と思います。

折りしも、麻生首相がオバマ大統領と会談したそうですが、それ以外では彼は各国の首相など重要人物との会見を拒否・ドタキャンされまくっていたようですね。コロコロと総理大臣が変わる国の総理大臣に会うなんて時間のムダ!と思われても仕方はないでしょう。みんな忙しいのです。(しかも支持率が超低空飛行だし、またもや総理が変わるかもしれないし)

そんな感じで、財政担当者まで各国から相手にされなくなるのでは、、と心配してみました。あそこで辞めなければ「酒癖は悪いが仕事はできるのだろう、たぶん…」と思われた可能性があるのでは。。あの人の後任で大臣になる人はさらにたいへんですね。(与謝野さんが財務・金融・経済財政を兼務し続けるのが良いのかどうかは私には分かりません)

しかも、風邪薬を飲みすぎた、と言ったのだから、あぁそうですか、と受けていればそのうちみんな忘れるのに、わざわざ辞めさせるから本当に酔っぱらっていたとバラしているようなものです。

-----------------------
ちなみに私は昔、風邪薬を飲んだあとに、その事を忘れてビールを軽く飲んでしまい、会見時の彼のような状態になったことがあります…。。 なので、彼は本当に風邪薬を飲んでいたんじゃないか、と私は思っていたりします。風邪薬を飲んでいるのに、「ひとくちだけなら…」ってな調子でワインに口をつけると、あのような酩酊状態になるのではないかと思われます…(経験者談)。

(初めて政治の話をエントリしてみました…。でもはっきり言って酔っぱらって車を運転しゃダメだけど、酔っぱらって記者会見しても別にいいと思うのだけどなぁ…)

posted by つか at 00:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

歯と目の保険

日本という国は、国民皆保険制なので健康保険に加入するのが義務ですが、アメリカという国は、健康保険は自由です。入らなくてもいい。でも入らないと、医療費がアホみたいに高い。この保険制度をついに変えるのか!?というのが大統領選の争点の1つでしたね。

ポスドクの場合、大学が用意している保険プランに加入するか、「JALファミリークラブ海外赴任者総合保険」のような日本の保険会社が用意しているものに渡米前に加入してからくる、というパターンがあると思います。私はJALファミリークラブの保険に入っています。ペンステート大に雇われているわけではないので、何となく、そうしました(来てから知ったが別に給料がどこから出ていようと大学の保険プランには入れたらしい。でも従業員じゃないと値段が高いらしい)。来年の4月からは大学の保険プランに入るつもりです。


「JALファミリークラブ…」の場合でも大学の保険の場合でも、Dental(歯)とVision(目)は適用外なので、これらは個々に保険に入ります。と言っても、歯と目を合わせて月17ドルくらいなのでまぁ安いもんです。

これらの保険代金は、通常であれば給料から天引きですが、私は今のところペンステート大から給料をもらっているわけではありません。

一昨年の夏にアメリカにやって来てすぐに、忘れないうちに歯と目の保険に入れたし、保険加入者証のような書類も届いたので安心していたのですが、保険代の請求に関して全く何の音沙汰もありませんでした。

そして、渡米から半年ほど経ったころ、「あなたの保険代金を請求するのを忘れていた」というメールが……、、。

「これからは請求書をちゃんと送るので小切手をいれて返送してね」、とのこと。。

いやはや。 ほとんどの人が給料天引きなので、つい忘れてしまうのは何となく理解できなくはないが。

当然のことながら、「過去半年分の保険料を請求するような事はしませんが、ちゃんとあなたは保険に加入できていたので安心してください」、とのこと。 保険とは、“未来”に対してお金を払うものですから、健康であった過去に対して金を払えとたとえ言われても無理なはなしですがね。。もし医者にかかっていたら、その時点で未納が発覚して、保険代を払い始めることになったのでしょうから、健康であった自分を喜びたいと思います。100ドルくらい得をしました。

それ以来、請求はいつもメール(の添付ファイル)で来ます。。



-----------------------

日本滞在を楽しんでいるうちに、ブログ開設から2歳の誕生日を迎えていました。

おめでとう。

自分でお祝いしておきました。

どうもありがとう。。

posted by つか at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 米国留学(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。