2014年05月09日

分子生物学・生化学系ラボ(40平米)をゼロから立ち上げるときに必要な物とお金



備え付けの実験台すら無い、何も無い部屋。そもそも建物自体がベンチャーラボラトリー棟なので、全ての部屋がレンタル用であり、廊下はがらんとして何も置かれていない。 ロッカーが並んでいたり、製氷機があったり、という大学の研究棟の廊下によく見る景色がない。そう、氷がなくて実験どうしよう、というレベル。

そんな場所で分子生物学/生化学の実験を「ひととおり」できる研究室を立ち上げようと思ったら、いくら必要か、機材は何が必要か、あくまで参考程度ですが、書いてみます。


まず結論から言うと、必要だったお金は、600万円くらいでした。

もちろん人によって、何を持ち込んだかで変わってくると思います。

私の場合、幸いなことに、ボス(メンターの先生)から事務机と4℃のクロマトチャンバー(しかも中にAkta primeが入ったまま)をお借りすることができました。それと、PCRサーマルサイクラーは前から1台持っていました。こういうのも入れたら700万は超えますね…。


[内訳]
実験台 20万×5台
オートクレーブ 50万
ブロックインキュベーター 10万×3台
ゲル撮影装置 70万
恒温チャンバー 20万
振盪培養機  15万
振盪培養機 60万
微量遠心機(冷却機能なし) 16万
電子天秤 10万
pHメーター 14万
マグネチック・スターラー 2万
シーソー・シェイカー 9万
ラボストッカー(小型冷蔵庫)5万
クールインキュベータ 9万
ドライングシェルフ 10万
冷凍庫(-20℃、市販のもの) 5万
ディープフリーザー 50万
インキュベータ(培養用) 50万
LED照明と電源(培養用) 24万
SDS-PAGE泳動槽 4万
SDS-PAGEゲル作製器 4万
泳動用電源 6万
超音波ホモジナイザー   32万

っと既に600万に達しそうですが、実際には次年度から買い足したものもここに含めて挙げているので、最初の年はこのうちの500万くらいを買いました。

あとは以下のいわゆる「消耗品」を買い揃えるのに、ザッと100万くらいかかりました。ラボ内の人員数によってその後の減り具合・買い足し具合は変わってくるとかと思いますが、最初はガッと揃えるので結構かかります。

[消耗品類]
普通ラボにあるもの達(メジューム瓶、培養チューブ、ファルコンチューブ、エッペンドルフチューブ、PCRチューブ、チューブ立て各種、手袋、フリーズボックス、キムワイプ、キムタオル、洗瓶、メスシリンダー、スパチュラ、薬包紙、20Lタンク、白金耳、コンラージ棒、試験管、試験管立て、パラフィルム、シャーレ、パスツールピペット、シリンジ)

ピペットマン 3〜5本×人数分
ペペットマンチップ

試薬類、

制限酵素、PCRポリメラーゼ、ライゲース、DNAラダーマーカー、ミューピッド等々

プラスミド抽出キット(Mini&Midi)、ゲル切り出しキット、等々のkit類

[間接経費的なもの]
棚、洗剤、ブラシ、ハンドソープ、アルミホイル、サランラップ、ほうき、ちりとり、実験ノート、文房具、OAタップ、工具セット、ハンガー、給湯器(重要!)、電子レンジ(超重要!)、

パソコン、プリンターも必要に応じて。


ちなみに、製氷機無し問題は、4℃の卓上インキュベーター(ブロックタイプではなく、ビーズタイプがお薦め)を各人の実験台に置くことで対応しました。これが結構気にいってしまって、今の研究所にきてからも(製氷機があるのに)このインキュベータを使っています。

あるいはこういうアルミブロックを冷蔵庫に入れて冷やしておいて使ったりしました。


あくまでも私の場合の話ですが、何かの参考になれば幸いです。



posted by つか at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

back to 東京



1月から東京のとある大学に異動になりまして、大学内にある附置研究所の研究員として働いております。

出来たばかりの新しい研究所で、棟内はめちゃ綺麗です。今の研究棟は前からあった建物を内装改修工事したもので、去年の暮に入居したそうですが、来年度からはキャンパスの別の場所に出来る新棟に移る予定です(現在鋭意建設中)。

キーワードは、「地球」と「生命」の成り立ちを解く、そんな研究所です。それには光合成の研究は欠かせないわけですが、実際まだ光合成の研究者は私と私のメンターの2人だけなので、内心結構びびっています。我をと言う方がいれば是非ご連絡ください。

海外から研究者を積極的に招聘していて、将来的には所内の人間の3分の2以上を外国人にしたいそうです。研究所内の公用語は英語です。が、今はまだ半分もいないくらいじゃないでしょうか。英語のリハビリにはちょうどいいかと思ってたんですが、大半の外国人が「地球」系のひとたちなので、普段ほとんど日本人と会話しています…。たまたま同じ時期に赴任したインド人と仲良くなったので、そいつと喋るときくらい。。

滋賀にいたときは、一応レンタルではあるけど、自分のラボ・スペースを切り盛りしていたわけで、「東京に移る」と言ったら「おっ、いよいよ自分のラボを持つの?」とよく聞かれるのですが、いえいえそんなことはありません。むしろ逆で、また大部屋生活に戻りました。

この研究所は、いわゆる大学の研究室のように、「ヤマダ教授が運営する山田研究室」というものはなく、所長・副所長のしたにヒラの研究員がずらりといる、という構図になっているみたいです。私も伝え聞いただけなのでよくわかってませんが、米国のナントカ研究所が採用しているフェロー制というやつをモデルケースにしていて、私の役職も最初はフェローとなる予定だったらしいのが、その後聞く度に変わり、最終的には「研究員」となり、(「ベタかーぃ」「最初の勢いはどうしたねーん」)と思った関西人がいたとかいないとか。

出来たばかりの研究所なので、色々設備が不十分なところもありストレスもありますが、皆さん研究所をよくしようと気概に燃えていて、物事をハスに構えて見てしまう天邪鬼な私には少しこそばゆいですが、何とか楽しくやれておりますデス。



posted by つか at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

便りのないのは良い知らせ


ものすごく長いことブログをサボっていました。おかげさまで忙しくしています。

新しいテクニシャンの方が7月からやってきて、実験は快調に進んでおります。が、なかなか面白い結果はでませんね〜

レンタル実験室に入れた、4面の大実験台も私の場所を入れて全て席が埋まりました。近々HPLCを買う予定なので、それを置いたらいよいよ私の実験場所が無くなりますな…

大ボスの研究室と、自分のレンタル実験室の距離がけっこう離れていて、行き来するのがしんどくなってきたので、自転車を購入しました。事務にお願いして許可証も出してもらいました。キャンパス内は原則的に自転車禁止なので、そんなところでチャリをキコキコいわしているのは、警備員か、一部の業者さんか、一部の先生か、私くらいのもんです。なんか青キジになったみたいな気分になりますが、この万能感は早めに捨てさりたいと思います。

そんなわけで少しずつですが研究環境がよくなってきています。

ーーーー
余談ですが、地デジチューナー付きHDD/DVDレコーダーを買いました。あんなけ言っておきながら。



posted by つか at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

非常勤


研究生活のかたわら、大学で非常勤講師をしています。

去年は結構緊張していたのですが、慣れてきて今年は結構楽しんでいます。

ハタチそこらの若いエネルギーと話しているとやはり楽しいですね。少し前に嫌なことがあって、それが頭の片隅にずっとこびり付いている感覚だったのですが、それが剥がれていきますね。

反抗的な態度を示す男子学生も例年おるのですが、自分もきっとそんな感じの男子だったのだよなぁと、微笑ましく見ています。でもやはりちょっとだけ嫌な気持ちにもなるのですが、今度はそのちょっとだけの嫌なことが頭に付いて、前のすごく嫌だったことを思い出さなくなる、という変な発見もしました。

嫌なことがあったときは飲んで騒いで忘れる、というのはあながち間違ってないんだなぁ、という変な結論に至りました。

posted by つか at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

青森 北東北旅行完結


弘前城をあとにして、電車で青森へ。

その夜は、津軽海峡を見下ろすシャレオツ系のBarへ行きました(といっても夜は真っ暗で何も見えないんですが…)


翌日は、早朝から開いている地元の知る人ぞ知る系ラーメン店を見つけ、まずはラーメンで朝食を。

CIMG4357.JPG

レンタカーを借り、八甲田山近くの谷地温泉で立ち寄り入浴。
桜を散々見まくった後、最後は八甲田山の雪景色で終わるなんて。
CIMG4360.JPG

日本秘湯を守る会に登録されている温泉です。宿泊客にしかスタンプは押してくれないのですが、とにかく温泉を楽しみました。おそらく地元の人しか知らないようなマイナーな温泉ですが、湯治に通う(あるいは泊まりか)お年寄り達でごった返していました。

秘湯の会の宿って、一泊2〜3万するところはザラだし、改装してオシャレな建物だったり、儲かってそうなところが多いんですが、谷地温泉は結構ボロボロの建物のままで、とにかく癒しに来なはれ、という感じで私は好きです。

十和田湖を経由して、八戸へ。八戸駅から新幹線で東京へ戻りました。

当時は東北新幹線「はやて」が、まだ八戸までしか開通していなかったので(今は新青森駅まで開通したようですが)、青森ー八戸間はレンタカーで繋いで、この東北ぐるり列車旅行〜桜〜を完結したのでした。

−−−
「旅行」というカテゴリがあるのに全く旅行の事を書いていなかったので、かなりうっぷんが溜まっていたのですが、いざまとめて書いてみたら、もう旅行の話はしばらくはいいかなと。。。そういう感じの奴です私は。シャレオツ系ではないです。






posted by つか at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

リゾートしらかみ、弘前城の桜


秋田をでて日本海沿いを青森へ向かう。

五能線を走る「リゾートしらかみ」に乗車。

CIMG4278.JPG

特急列車の中は、先頭車両で津軽三味線の生演奏もあったり、楽しい。

左側の車窓は、荒ぶる日本海。ただただひたすら海。

線路がほとんど波打ち際まで張りだしている所もあり、そして波は常に荒く、かなりの景色である。窓が広めにとられているのもよい。

CIMG4310.JPG



青森まで行かず、途中、弘前で下車。弘前城へ。

いわずとしれた青森県の、いや日本が誇る桜の名所である。

CIMG4324.JPG

CIMG4328.JPG

CIMG4337.JPG


弘前城の桜は、最高だった。。



posted by つか at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

角館の桜


わんこそばの後遺症を心配していたが、起きたら体も軽く、盛岡から秋田新幹線こまちで秋田県へ。

途中、角館で途中下車して、花見。

角館は、秋田県の桜の名所です。

旧武家屋敷がある情緒ある通り沿いに桜、その通りを抜けて川にでるとまた川沿いに無数の桜、でした。

CIMG4257.JPG

CIMG4261.JPG

またこまちに乗り込み、秋田へ。

着いたらまだ晩御飯には早い時間だったけど、腹が減っていたのでとりあえず駅前で稲庭うどんをたべました。

夜は、小さい料理店のカウンターで、嫁と二人できりたんぽ鍋をいただきました。

やはりこの旅でも食い過ぎの気配がある。。

CIMG4276.JPG


posted by つか at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

盛岡


数年前のGWに東北旅行に行きました。

初日は盛岡。

はやて・こまち号で盛岡駅について、まず冷麺を食べ、それから石割り桜を見に行きました。

CIMG4224.JPG

CIMG4226.JPG


盛岡は、結構歩いていける距離感で観るところがたくさんあります。

夜は当然のごとく、わんこそば。

100杯以上たべると認定証がもらえるというので、頑張って食べ始めました。周りを見ると若い男子はみんな平気で120杯とか150杯とか食べているのですが、私はもともとそんなに大食いではないので、70杯くらいからすでにヒィヒィ言い始め、なんとかやっとの思いで100杯ちょうど食べました。「あなたはわんこそば100杯食べました」って認定証に書いてあったら、逆にギリギリやん!っていうのがバレてカッコ悪いような気がしました。

その後は、はちきれんばかりの腹を抱えてホテルに戻りました。

東北はGWに桜が満開になることもあるから、いいですね。今年はあったかいからGWまでもたないですかね。



posted by つか at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

海津大崎の桜


よかったです。

観光案内↓
http://www.takashima-kanko.jp/sakura/

「琵琶湖と桜のセット」は確かに、ありそうで、いまだに見たことはなかった。

車に乗ったまま桜並木をくぐることもできますが、すんごい長蛇の列だったので、それを回避して駅前の臨時駐車場に停めて臨時バスにのり、徒歩で散策しました。


IMG_0112.JPG

IMG_0120.JPG

IMG_0121.JPG

IMG_0146.JPG


posted by つか at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日


どこの都道府県に行っても、桜の名所というのはあるもので、明日は滋賀県の桜の名所である海津大崎に行ってきます。琵琶湖の北側です。

以前、つくばに居たときは、少し足をのばして、福島県の桜の名所である、三春の滝桜をみにいきました。懐かしいな。

CIMG4128.JPG

CIMG4130.JPG


そのときは、さらに1週間後に、岩手県に旅行にいったのですが、ちょうど桜前線が福島から岩手に移ってきていたようで、1年で2度も満開を堪能しました。その時の話もいずれ書きたいですねぇ…

posted by つか at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。